お知らせ

人文社会学部 日本学科

教職志望の3年生による本格的な模擬授業

日本学科では、1年生の授業から、プレゼンや模擬授業に取り組む機会が多く設けられています。そのような積み重ねによって、日本学科生は、「人前でわかりやすく説明する」力を成長させていきます。

とはいえ、4年生における教育実習では、生徒たちの前で50分間の授業に何度も取り組まなければなりません。そのためには、何をどう扱い、どのようにやりとりすれば、50分間という時間を有効に使えるか、体験的に考えていかねばなりません。その実践をおこなうのが、3年生冬学期の「教科教育法Ⅱ(国語)」です

今年度は二人一組となって50分間の指導案を考え、他の学生たちを生徒役として模擬授業をおこないます。ひとり約25分で交代しますが、授業の前半を担当するか、後半を担当するかは、直前までわかりません。つまり、一人で50分間の授業ができるよう準備し、練習を重ねてこなければならないのです。いったん授業が始まると、指導教員が途中で止めることもありません。自分たちで50分間という時間をコントロールしなければなりません。

生徒役の学生たちも真剣です。授業を受けながら、授業者の問題点や改善点などをメモに取り、模擬授業終了後のディスカッションに備えます。今年度はコロナ禍の影響で、半数の学生がリモート受講ですが、教室内の学生と同じように模擬授業の生徒役を務めます

模擬授業を終えてから、生徒役の学生から手厳しい指摘があることもたびたびですが、それらはお互いが高め合うために必要なプロセスです。来年度の教育実習がより充実した経験となるよう、「国語」の先生を目指す学生同士、この授業に真摯に取り組んでいます

来年度の教育実習を経て、教員採用試験での成果が現れる学生が、一人でも多くなるよう、教員としても緊張感を持って指導していきます。

【関連リンク】

→日本学科の紹介はコチラ

→教職教育推進センターの紹介はコチラ