四天王寺大学キャンパス 大阪府ドクターヘリランデブーポイントに指定



四天王寺大学(所在地:大阪府羽曳野市)では、柏原羽曳野藤井寺消防組合との連携協力のもと、関西広域連合が運航する大阪府ドクターヘリの臨時着陸場(ランデブーポイント)の指定を受け、11月20日より運用開始されることとなりました。

大阪府ドクターヘリは2008年より大阪大学医学部附属病院を基地病院として運航が開始され、重症傷病者のもとに医師と看護師を派遣しより早期に救急現場から治療を開始し、迅速に高度医療機関に搬送するほか、大規模災害時の救護活動や医療の地域格差解消など重要な役割を担っています。

今回、本学東グラウンドがランデブーポイントとして新たに登録され、周辺地域となる柏原羽曳野藤井寺3市では12か所がドクターヘリ臨時離着陸場として整備されます。

本学では柏原羽曳野藤井寺消防組合との緊密な連携のもと、学内はもとより周辺地域における緊急を要する患者搬送や災害時等における救命活動を支援し、地域貢献として協力してまいります。

 

(写真提供:柏原羽曳野藤井寺消防組合)

一覧に戻る