「古墳 de IBU」を8月28日(日)に四天王寺大学で開催!



 四天王寺大学・短期大学部(大阪府羽曳野市)では「四天王寺学園創立100周年大学記念事業」の一環として、学生が主体の地域文化発信イベント「古墳 de IBU」を開催します。     

 世界遺産の古墳を地域の人により知ってもらうため、本学の学生が周辺自治体や企業等と連携してイベントを運営。本学の学生が行うステージ企画、地域の企業等による物産展・体験コーナーや、キッチンカーでの食品販売、自治体による古墳文化発信スペース、ハニワづくり体験施設の「大蔵屋」が実施する「828(はにわ)グランプリ」など、盛りだくさんな内容となっています。

 学生は、イベント実施に向けて、企画・広報に取り組み、イベント当日は会場案内や展示のガイド、物販・飲食スペースの管理、828グランプリ表彰式の運営補助などを行います。


・日 程 828日(日) 1000~15:00

          ※新型コロナウイルスの感染拡大状況により、イベントの縮小・中止になる可能性があります。

・場 所 四天王寺大学(大阪府羽曳野市学園前3-2-1

 

・企 画

  ①古墳文化発信スペース(1000~15:00

   A. 地域文化研究展示       

   B. 自治体(羽曳野市・藤井寺市・堺市・大阪府)による資料コーナー

   C. 羽曳野のおいしい水配布 

  ②ステージ企画(1045~12:00

   A. ライフデザイン学科 谷明日香ゼミの学生12名による古墳衣装制作発表

    (古墳時代に着ていたであろう衣装をゼミ生が再現)

   B. 教育学部 坂本暁美ゼミの学生7名による古墳音頭

    (ゼミ生が作詞作曲振り付けを行った古墳音頭を披露)

   C. 日本学科 有志の学生による地域文化研究発表

 

  828(はにわ)グランプリ(13:30~15:00

          詳細はコチラ

   ハニワづくり体験施設「大蔵屋」による優秀作品の表彰式

   藤井寺・羽曳野・堺市長、および各自治体キャラクター

   (つぶたん、まなりくん、ハニワ部長、もずやん)も参加予定。

 

  ④物産展・展示・体験コーナー(1000~15:00

   出店予定企業等詳細はコチラ 

  ⑤キッチンカー(1000~15:00

  ⑥チャレンジ企画(1000~15:00

 

 

一覧に戻る