プレスリリース

医療機関へ感謝の千羽鶴 ~本学からのありがとう~

 11月5日(金)・6日(土)に開催された、令和3年度第62回大学祭(IBU祭)は「祈」がテーマで、学生が企画・準備・運営を行いました。その中で、新型コロナウイルス感染拡大の中、最前線で闘っている医療従事者に「感謝の気持ち」を伝えたいと、在学生が千羽鶴を折りました。

 

 今回、千羽鶴プロジェクトを企画した、田中真由さん(教育学部3年)は、「私たちは医療従事者の方々には、新型コロナワクチン接種で大変お世話になりました。私たち一人ひとりの感謝の思いを込めて千羽鶴を折りました。少しでも医療従事者の皆さんの励ましにつながればうれしいです」と話してくれました。

 2日間で計10,000羽の折り鶴が完成、折り鶴を千羽鶴10束に分けて、11月15日(月)城山病院を皮切りに羽曳野市、藤井寺市の医療機関に贈ります。

【本件のポイント】

  • 新型コロナウイルス感染拡大の中、最前線で闘っている医療従事者に「感謝の気持ち」を伝えたいと、在学生が千羽鶴を折りました。
  • 2日間で計10,000羽の折り鶴が完成、折り鶴を千羽鶴10束に分けて、11月15日(月)城山病院を皮切りに、計10ヶ所、主に羽曳野市、藤井寺市の医療機関に贈ります。

※今後の贈呈場所、日時等につきましては、本学総務課までお問い合わせください。

【贈呈式概要】

開催日時:2021年11月15日(月) 10:00~11:00
会  場:医療法人春秋会 城山病院 大阪府羽曳野市はびきの2丁目8番1号

【関連リンク】

城山病院:https://www.shiroyama-hsp.or.jp/

一覧に戻る