企業・一般の方へ

科目等履修生


科目等履修生

本学(大学・短期大学部)における特定の授業科目の履修については、
下記のような要領に基づき、審査のうえ許可することとしています。
申込期間は下記のとおりですが、ご希望される科目の講義内容・開講する時間帯の問題もありますので、
申込期間までに一度来学されることをお勧め致します。

申込期間【令和4年度】

夏学期 令和4年3月22日~令和4年3月31日
冬学期 令和4年8月26日~令和4年9月6日

※申込期間内に必要書類を提出し手続きしてください。

必要書類

  1. 1. 科目等履修生願書(本学所定の用紙)
  2. 2. 健康診断書(本学所定の用紙)-3ヶ月以内のもの
  3. 3. 履歴書(3ヶ月以内の写真1枚貼付、捺印)
  4. 4. 最終学校の卒業証明書または修了証明書
  5. 5. 最終学校の成績証明書
  6. 6. 他大学に在学している場合は在学証明書
  7. 7. 現在勤務している者は所属長の承諾書(アルバイト等は除く)
  8. 8. 写真(3cm×4cm)-3ヶ月以内のもの1枚(科目等履修生証交付用)

※一旦提出された書類については返還致しません。

出願資格(大学・短期大学部) ※大学院は後述「大学院」参照

  1. 1. 高等学校を卒業した者
  2. 2. 通常の課程による12年の学校教育を修了した者(通常の課程以外の課程により、これに相当する学校教育を修了した者を含む)
  3. 3. 外国において学校教育における12年の課程を修了した者、またはこれに準ずる者で文部科学大臣の指定した者
  4. 4. 文部科学大臣が高等学校の課程に相当する課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を修了した者
  5. 5. 文部科学大臣の指定した者
  6. 6. 文部科学大臣の行う高等学校卒業程度認定試験の合格者(大学 入学資格検定合格者含む)
  7. 7. その他相当の年齢に達し、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると本学が認めた者

履修について

  1. 1. 短期大学部生活ナビゲーション学科ライフケア専攻の専門教育科目の履修は認めない。
  2. 2. 短期大学部保育科の専門教育科目の履修は、本学の保育科を卒業した者以外については認めない。
  3. 3. 大学教育学部教育学科の専門教育科目の履修は、原則、本学の教育学科を卒業した者以外については認めない。また、教育学科の保育士養成課程科目は、教育学科小学校・幼児保育コースを卒業し、在籍時に選抜試験に合格した者、または教育学科幼児教育保育コースを卒業した者、または人間福祉学科保育専攻を卒業した者以外の履修は認めない。ただし、教育職員免許状の取得に必要な科目と保育士養成課程科目が重複している場合は、履修を認めることがある。
  4. 4. 本学看護学部看護学科の専門教育科目の履修は、認めない。
  5. 5. 本学の教育学科を卒業した者が在籍したコース以外の大学教育学部教育学科専門教育科目を履修する場合、在籍したコースの併修免許状に係る科目以外の履修は認めない。ただし、本学の保健科を卒業した者が、養護教諭一種免許状に必要な大学教育学科専門教育科目の履修を希望する場合は、教育学部長の承認を経て履修を認めることがある。
  6. 6. 本学を卒業した者以外に対しては、「教育実習」その他学外実習および実習指導の履修は認めない。また、本学を卒業した者の「教育実習」等への参加要件については、「単位の修得および試験に関する規程」で規定された参加要件を準用する。
  7. 7. 人文社会学部人間福祉学科専門教育科目の社会福祉士国家試験受験資格指定科目および精神保健福祉士受験資格指定科目の履修は原則認めない。ただし、本学の人間福祉学科を卒業している者は社会福祉相談援助実習指導Cおよび社会福祉相談援助実習の履修を認める。
  8. 8. 大学および短期大学部の専門教育科目の演習・実験実習科目、その他人数制限のある科目は履修を認めないことがある。
  9. 9. 大学院人文社会学研究科博士前期課程の専門演習科目および博士後期課程の特殊演習科目は履修を認めない。また、人文社会学研究科博士前期課程の専門講義科目および専門研究科目、博士後期課程の特殊研究科目および特殊講義科目は履修を認めないことがある。
  10. 10. 大学院看護学研究科博士前期課程および博士後期課程の共通科目、専門科目は履修を認めないことがある。また、看護学研究科博士後期課程の特別研究は履修を認めない。
  11. 11. 大学院の1学期間に履修できる科目数および単位数は、1科目2単位以内とする。
  12. 12. 大学および短期大学部の1学期間に履修できる科目数および単位数は、5科目10単位以内とする。
  13. 13. 社会福祉主事任用資格に関する科目には、科目等履修生として履修されたものは認められない。
  14. 14. 履修生が本学の学則および諸規程に違反したとき、または履修生としての本分にもとる行為があったときは、履修許可を取消すことがある。

費用(大学・短期大学部) ※大学院は後述「大学院」参照

登録料(1年間有効)5,000円 (本学卒業生については、登録料は免除)
履修料(1科目)20,000円

※なお、一旦納入された登録料および履修料は返還致しません。

審査後の手続き

科目等履修生として許可された場合、次の手続きを行ってください。
(1)登録料、履修料の納入(事務局棟1階 証明書自動発行機に現金にて入金)

手続期間
夏学期 令和4年4月5日~4月10日
冬学期 令和4年9月15日~9月22日

※審査の結果については、e- mail等でお知らせします。

その他、科目等履修生に関する案内

  1. (1)科目等履修生証を交付します。
  2. (2)通学定期は利用できません。
  3. (3)本学図書館を利用することができます。(館外貸出し証を交付します。)
  4. (4)学内のコンピュータ室を利用することができます。(利用する場合は、情報メディア室にお申し出くだ さい。)
  5. (5)大学院科目の履修をご希望の方は、教務課窓口までお問い合わせください。

※出願資格、費用等が大学・短期大学部とは異なります。

大学院

大学院科目の履修をご希望の方は、教務課窓口までお問い合わせください。

※出願資格、費用等が大学・短期大学部とは異なります。

授業時間

1限目 9:10〜10:40
2限目 10:55〜12:25
3限目 13:15〜14:45
4限目 15:00〜16:30
5限目 16:40〜18:10

令和4年度の授業の受講に関する注意事項等について

①授業方法について
授業方法は、対面形式を基本とします。ただし、新型コロナウイルス感染症の感染状況によっては、授業動画等を自宅で視聴し課題に取り組むオンデマンド授業等に変更する場合があります。詳しくは、IBU.netにあるシラバス照会の「授業形態」に掲載しますので、確認して授業の準備をして下さい。なお、授業方法の変更等についてもIBU.netでお知らせしますので、日頃から確認に努めてください。

②自習教室について
本学構内に、オンデマンド授業を受講できる自習教室を開放します。場所や時間などは、IBU.netでお知らせしますので、確認してください。

③座席指定について
新型コロナウイルス感染症への対策として、多くの授業で座席が指定されています。濃厚接触者が発生した場合、教室内の座席位置を特定する必要がありますので、担当教員の指示に従って着席してください。

④感染予防対策について
本学としても、以下の対応によって感染予防に努めますが、個人においても感染予防徹底をお願いします。体調不良時は、絶対に登校しないようにしてください。

[感染予防に向けた本学の対応]

  • ・各教室には、アルコール消毒液とペーパータオルを設置しています。必要に応じて、使用する机などの消毒に使用してください。また、手指用のアルコール消毒液を、講義室の入り口付近やエレベーターホール等に設置しています。入退室時等の手洗い・消毒に努めてください。
  • ・各授業においては、3蜜を解消できる十分な環境を確保できるように、できる限り広い教室を使用し、適宜換気を実施します。授業を担当する教員もマスクやフェイスシールド等を着用し、感染予防に努めます。また、学生食堂や図書館などの学内施設についても、同様の感染対策を実施した上で、開放します。

お問い合わせ先
教務課 072-956-9952(ダイヤルイン) 072-956-3181(代表)
〒583-8501 大阪府羽曳野市学園前3丁目2-1 教務課 科目等履修生係








大学案内デジタルパンフレット
クラブ&サークル紹介
ココロエプロジェクト
知的・人的データベース
教職員採用情報
あべのハルカス サテライトキャンパス
情報公開
あなたの町へ 入試相談会
大学案内デジタルパンフレットクラブ&サークル紹介

ココロエプロジェクト知的・人的データベース

情報公開あべのハルカス サテライトキャンパス

教職員採用情報あなたの町へ 入試相談会

就職活動応援特設ページIBUドリル

クラブ&サークル紹介地域連携

こころに、学びを。看護実践開発研究センター

back to top