人文社会学部社会学科

現代社会の変化を見つめ、自らの道を切り拓く。ものごとを客観的かつ多角的に捉える能力を養い、他者と協働できる人材を育成します。

ワタシの
成長
STORY

夢中になれる時間から、
夢が育まれる学びの環境に感謝です。

小坂 紗希さん人文社会学部 社会学科 3 年生
大阪府立阪南高等学校 出身

具体的な職種・業界ははっきりと決めていませんでしたが、将来、人の役に立つ仕事がしたいと考えていました。また、高校生の頃から心理学に興味があり、人の心についてより深く理解できるようになりたくて、社会学科へ入学を決めました。1年生の「入門心理学」では心理学の基礎を学び、2年生の「心理学基礎実験Ⅰ・Ⅱ」では実験や統計解析を行い、レポートにまとめました。このように、ただ講義を受けるだけでなく、

自分でデータを集めて人の心を明らかにしていくプロセスも経験することができました。3年生の「幼児児童心理学」では、母親が専業主婦か働いているかということが、子どもの発達にどう影響するかについて、世間のイメージとは違う研究結果を学ぶことができ、とても興味深かったです。やりたいことに、とことん打ち込めるのが大学時代の特権です。夢中から夢が生まれることを信じて、思いきり学べることに感謝しています。

学びのPOINT

  • ①「あたり前」を疑い、1 ものごとを多角的に把握する力を身につける。

    急速に変化する不確実な現代社会に対し、人間・社会、心理、地域・メディア・歴史という4つのコースのカリキュラムから自由に授業を選びながら履修し、多角的なものの見方を学ぶことで、常識にとらわれず横断的に思考し把握する力を身につけます。

  • ②多様なリサーチ方法を学び、客観的に課題をとらえ、解決策を見つける能力を身につける。

    フィールドワーク、インタビュー、実験、アンケート、資料収集や史料の検討など、多様なリサーチ方法を段階的に学ぶことによって、複雑な状況の中から課題を発見し、よりよい解決策を見つけるリサーチ力を身につけます。

  • ③さまざまな関心を持つ仲間との学びを通して、互いを認め、協働することができる力を身につける。

    予測困難な世界の中で、自分はどのようにあればよいのか。幅広い学びにおける仲間との交流を通して、曖昧な自己のあり方を見つめなおし、さまざまな立場を認めあいながら協働することができる、誰もが幸せになる未来をめざしていきます。

学びの領域

  • 4つのコースから興味のある科目を自由に組み合わせて、あなたの”学びたいこと”や”将来の目的”に合わせた学修ができます。

    学びの領域

学科ブログ一覧を見る

大学案内デジタルパンフレット
クラブ&サークル紹介
ココロエプロジェクト
知的・人的データベース
教職員採用情報
あべのハルカス サテライトキャンパス
情報公開
あなたの町へ 入試相談会
大学案内デジタルパンフレットクラブ&サークル紹介

ココロエプロジェクト知的・人的データベース

情報公開あべのハルカス サテライトキャンパス

教職員採用情報あなたの町へ 入試相談会

遠隔授業を受講するための各種マニュアル就職活動応援特設ページ

クラブ&サークル紹介地域連携

こころに、学びを。看護実践開発研究センター

back to top