時代は変わり、社会も変わった。
医療はどうだろう。
治療を待つ患者さんは、
病院だけにいるわけじゃない。
これからの医療にもっと必要なのは、
地域に視野を広げ、
患者さん一人ひとりに向き合う、
強くひたむきなこころと高度な技術。

四天王寺大学は開学以来、大切にしてきた
「和」のこころと、最先端の医療を
伝える環境をととのえ、
地域の未来を支える看護職
(ケアのプロフェッション)を育てていく。
今、ここから、看護の新時代が動きだす。

「和」のこころ×最先端の医療で地域の看護を新しく!看護学部 看護学科「和」のこころ×最先端の医療で地域の看護を新しく!看護学部 看護学科
STORY

看護職をめざす4名の学生たちの、
それぞれの4年間を追った成長のストーリー。

2年次
  • 実践的な学びを通して、未来の自分が想像できた
  • 悩んだ分、将来への思いがより強くなった
  • 看護の学びもクラブ活動も糧にして、成長していく
  • 過酷な医療の現場でできる看護とは何かを考える
1年次
  • 現場で学び、看護師に必要な力を身につけたい
  • 妊婦さんに安心感を与えられる助産師に
  • 自分の意見をしっかりと主張できる看護師に
  • 最先端の設備で高度な知識と技術を学びたい