人文社会学部日本学科

主な講義紹介・時間割例

書道D[日本語・日本文学コース]

書道A~Cでは、古典の臨書、鑑賞によって楷書・行書・仮名などを学びます。その力を土台に、創作作品「漢字仮名交じり書」の制作に取り組むのが書道Dです。各自が選んだ書体で表現することで書の楽しさを知り、また相互鑑賞を通じて作品をより良いものに仕上げていきます。

地域文化発信演習[文化・歴史・観光コース]

地域共創プログラムの一環として、四天王寺大学の周辺地域の歴史と文化を探り、その研究成果を発表する授業です。大学周辺の羽曳野市と藤井寺市に関する文献や資料を収集・整理し、また実地検分を行うことにより、その土地の歴史・文化のよりよい発信方法を考えていきます。

日本のアニメーション[現代文化コース]

マンガと並び、現代の日本文化において重要な位置を占めるのがアニメーション(アニメ)。これが日本においてどのように発展してきたのか、その映像表現、作家やプロダクション、そして描かれてきたテーマを関連づけることにより、文化として学びます。

博物館展示実習

学芸員の資格取得必修の「博物館実習A・B・C」。3年生の冬学期(A)から4年生の夏学期(B)と冬学期(C)の3学期間受講します。「博物館実習A」では、博物館見学で展示のあり方や博物館の研究活動を知り、学内実習でも資料の取り扱いについて学ぶことで、博物館での現地実習の「博物館実習B」に備えます。「博物館実習B」の実習博物館では、貴重な文化財を実際に展示し、来館者と直接関わる実務実習も行います。こうして学んだ経験と知識をもとに、「博物館実習C」では学生自身が企画した学内展示に取り組みます。今までの展示では、四天王寺が所蔵する古写真のデータベースを活用した五重塔の再建についての紹介や、最新の写真データを用いた国宝『扇面法華経冊子』を紹介する教育普及展示を行ってきました。企画から実際に展示を作り、来場者への資料説明まで、学生が主体的に取り組む学びの場となっています。

時間割例(2年生)

  MON TUE WED THU FRI
1   日本文化史Ⅱ 講読Ⅰ
(日本語学)
日本文学論Ⅱ
(古典)
日本学基礎
演習Ⅱ
2 文化・歴史研究
基礎
日本語文法 Ⅱ
(古典)
講読Ⅳ
(日本文化)
日本語教育論Ⅱ キャリア
マネジメントⅡ
3 観光社会学   日本文学論Ⅰ
(近現代)
特別活動・総合的な
学習時間の理論と
方法(中高養)
中国語III
4 書道D 日本語文法Ⅰ
(現代)
現代メディア論   生徒指導論
(進路指導を含む)
(中・高)
5          
大学案内デジタルパンフレット
クラブ&サークル紹介
ココロエプロジェクト
知的・人的データベース
教職員採用情報
あべのハルカス サテライトキャンパス
情報公開
あなたの町へ 入試相談会
大学案内デジタルパンフレットクラブ&サークル紹介

ココロエプロジェクト知的・人的データベース

情報公開あべのハルカス サテライトキャンパス

教職員採用情報あなたの町へ 入試相談会

就職活動応援特設ページIBUドリル

クラブ&サークル紹介地域連携

こころに、学びを。看護実践開発研究センター

back to top