人文社会学部 社会学科 -最新情報-

2021年度の第1回プレエントランス・ガイダンスが行われました。

12月18日土曜日、四天王寺大学では来年度入学手続きを終えている高校生に向けて、プレエントランス・ガイダンスが実施されました。社会学科は午前中に、ウィルス感染対策に注意しながら行われました。

高校生の皆さん、換気をしながらであったため室内が十分に暖まらない中でしたが、参加お疲れ様でした。

藤谷厚生先生の司会により、初めに社会学科の特徴と、大学生活についての説明がありました。この人間・社会コース心理コース地域・メディアコース歴史コースの4つのコースを横断して授業を受けることができる当学科では、皆さんの様々な興味関心に対応できると思います。

今年度学科長を務める田中晶子先生からお知らせがありましたように、本学では、「個人が自由に使用可能で大学に持ってくることが可能なパソコンの準備」をお願いしています。新型コロナの変種が次々と現れるなか、来年以降授業形態もICT教育をはじめいろいろと対応に追われるかと思いますが、一緒に頑張っていきましょう。

社会学科では、当日出席できた教員がプレエントランス・ガイダンスに参加した高校生の皆さんに入学までに手に取って読んでもらいたい推薦図書を紹介しました。

コロナ対策のために教員もマスクとフェイスシールド姿であったため、顔が分かりにくいですね。教員からそれぞれの分野の図書が紹介されましたが、参加した皆さんはどの図書に興味を持ったでしょうか。

 

最後に、在校生4名(zoom参加1名含む)への入学予定者による質問が行われました。スマホを使用したネットを経由しての質問が数多く寄せられました。クラブ活動やバイトの両立について、そして勉強方法などにやはり関心があるようですね。「四天王寺大学のメリット、デメリットは?」という質問もありましたが、デメリットについては、在校生は口をそろえて「校門からの長い坂道」を挙げていたのは教員たちも苦笑していました。

 

とは言え、桜並木が美しい坂道だとは思います。(↓こんな感じですね。)

参加した皆さんのコメントは来年2月の第2回プレエントランス・ガイダンスで返却します。また会える時まで、残り数か月ですが、充実した高校生活を過ごしてください。

【関連リンク】

 社会学科の学びについてはコチラ

四天王寺大学HP 新入生応援サイト

一覧に戻る
学科に戻る