短期大学部 生活ナビゲーション学科
ライフデザイン専攻 -最新情報-

短大ライフデザイン専攻の思い出(2)

seira 短大ライフデザイン専攻の思い出(2) seira

卒業まで残りわずかとなった2回生に、2年間を振り返ってもらいました(後編)。

4初めてイチから浴衣を作りました。 私自身裁縫は苦手だし、ミシンなんてほとんど使ったことなかったので、ミシンの設定から大変でした。切る場所間違えて、いきなりサイズミスからスタート(汗)。でも作り方から着付けまで教えてもらえて、他の学校ではできない貴重な体験でした。先生もとても優しい方で楽しかったです。「浴衣作れる」って凄くないですか! この和室も初めて入って、大学の中にはいろんな施設があるんだって初めて知りました
ゆかた

5大学祭はめちゃくちゃ楽しかったです! 屋台とか出るし、 フルーツ飴は美味しすぎて4本食べました!
あめ 写真のポスターは遅くまで残って手書きしたりして、 学生生活を満喫しました。
ポスター制作

62年間で1番印象深かったのは就職活動でした。 私は高校生の頃、将来の夢や就きたい仕事が分からなかったので、ライフデザインに入学しました。そして1回生のうちから就活への取り組み方を学びましたが、自己分析をしても、自分のやりたい仕事が何なのか見つかりませんでした。そんなときにキャリアセンターの方から、「やりたい仕事じゃなくて、自分ができる仕事を考えてみたら」とアドバイスをもらい、色々な業界を調べて自分が満足いくまで就活を続けました。面接や書類選考で落ちるたびにくじけそうになりましたが、履歴書の書き方を工夫したりして、志望してた医療事務に就職でき、自分自身に自信がもてるようになりました。
就活

2年前は「何となく大学に入学して、どこかの会社に入れたらいいかな」と軽く考えていましたが、ライフデザインへ入学して様々な授業で学ぶことで、「この学びを生かすかどうかは自分次第で、最後まで挑戦するか、しないかで人生が決まる」ということがわかりました。

【関連リンク】

短期大学部生活ナビゲーション学科ライフデザイン専攻の学びについてはこちら

→学科ブログ:短大ライフデザイン専攻の思い出(1)

一覧に戻る
学科に戻る