経営学部 経営学科
-最新情報-

将来、なりたい自分になるために、大学で学びましょう!「大学基礎演習」

勉学の秋。経営学科の1年生を対象とした「大学基礎演習」の授業では、「社会人としての基本姿勢を学び、伸ばす」ことをテーマに、少人数クラスで担当教員による統一プログラムの授業を展開しています。

卒業後、社会の第一線でリーダーシップを発揮するビジネスパーソンとなることをめざし、将来なりたい自分を明確にした上で、当面の目標と、それを実現するための行動計画を設定し、学びと実践を主軸とした大学生活を送ることで、自信と自覚を持って成長していくことをねらいとしています。

第2回目の授業では、学年全体の特別講義として、若者のキャリアデザインに関する教育に取り組んでおられる、株式会社アイズの石川靖之氏に、「何のために学び、働きますか」をテーマに講義いただき、それぞれのキャリアデザインと、アクションプラン作りに取り組みました。

大学基礎演習 大学基礎演習

 

キャリアデザインとは、「どんな生き方ができれば自分が幸せになれるのかを考え、かけがいのない人生を主体的にデザインしていくこと」といえます。

そして、「自分が幸せになるために、学び、働く」ということを計画します。そして、「目標が達成できない」と思うのは、「ラクをしたい」とか「失敗したくない」などという「潜在意識」が邪魔をしていることがあります。この授業をきっかけに、その潜在意識を発見し、取り除くきっかけとしました。

「幸せ」を感じることは、人それぞれです。今回の授業では

  • 1.「自分にとっての幸せとは何か」を考え
  • 2.「自分に足りないこと」を、優先順位をつけて列挙しました。
  • 3.「どのような仕事を、自分はしたいのか」「できるか」を考え、
  • 4.「そのためには今、何をすべきか」を検討しました。

 

IBUの経営学科で、日々勉強する意味が見えてきたと思います。これからやるべきことが整理できたら、早速行動に移しましょう!

大学基礎演習 大学基礎演習

   
冬学期は、具体的なキャリアイメージを作った後、効果的な「グループディスカッション」「プレゼンテーション」など、大学生としての基本を中心に、クラスの仲間と一緒に演習を通じて学ぶことで、思考力、表現力、コミュニケーション力などの向上をめざした授業を行うとともに、経済、国際、社会、経営、法律などをテーマに、報告レポートの作成や時事問題の理解に取り組んでいく予定です。

 

 

経営学科の学びについてはコチラ

 

 

一覧に戻る
学科に戻る