経営学部 経営学科
-最新情報-

2020年度法学検定試験ベーシック<基礎>コース合格結果

経営学部では、簿記やPC等の各種資格取得をめざす科目として、ライセンスセミナーという講義がいくつも開講されています。そのうち、2年次の冬学期に開講している「ライセンスセミナー(法学)」では、法学検定試験ベーシック<基礎>コースの合格をめざしています。法学検定試験とは、公益財団法人日弁連法務研究財団と公益社団法人商事法務研究会が共同で組織した法学検定試験委員会が実施している、法学に関する知識・学力を問う全国規模の検定試験です。ベーシック<基礎>コースは法学の初学者を対象としているので、大学1、2年次で受験するのに最適です。また、気になる合格率も例年約6割程度ですので、そこまで難関な資格というわけではありません。

 

2020年度は、昨年11月29日に検定試験が実施され、14名が合格を果たしました(昨年度は9名)。そして、そのうちの3名がexcellent合格に認定されました。3名とも、60問中8割以上正解という好成績でした。

*excellent合格とは*
合格者の中でも特に優秀な成績を修められた方の栄誉を讃える制度です。履歴書等にも記載することができます。

今回は、合格者を代表して、excellent合格に認定された
3名の方のコメントをご紹介します。

2年生 船 戸    祐さん

①法学検定試験を受験したきっかけは何ですか?

大学の講義の過程で勉強することができ、単位を取得しつつ資格を取ることができるのがよいと思いました。

②今回、excellent合格に認定された感想は?

素直にうれしいです!

③合格に向けてどのような勉強をしましたか?

問題集の1周目は、とにかくどんどん問題を解くようにしました。2周目は、じっくり解いて解説もしっかり読むことに専念しました。頭に定着したらまた最初に戻って解く、ということの繰り返しでした。

2年生 松 永  大 輝さん

①法学検定試験を受験したきっかけは何ですか?

憲法の講義を受講した際に法学検定試験についての紹介があり、興味をもちました。いろいろな法律に触れてみたいとの気持ちから受けてみようと思いました。

②今回、excellent合格に認定された感想は?

民法は惜しくも1問だけ間違いましたが、全体としてよい成績だったので、法律の基礎知識がしっかり身に着いてきていることを実感することができました。

③後輩たちにひと言

公務員に少しでも興味がある人ならば、勉強の1つの目標としての受験はいい通過点になると思うのでオススメします。

2年生 吉 井    舜さん

①合格に向けてどのような勉強をしましたか?

まず、問題集を3回転まわして解きました。3回目のときにまだ解けない問題をチェックして完璧に解けるまで何度も解きました。さいごの仕上げにもう一度全問解いて試験に挑みました。授業の最初は復習をサボりがちだったのですが、試験直前は気合いを入れて集中的に勉強しました。

②excellent合格に認定された感想は?

僕はたぶんボーダーギリギリで、ラッキーでした(笑)。

③後輩たちにひと言

講義を通して勉強できるので、頑張れば資格も単位もとれます。さらに、合格すれば大学から資格チャレンジ奨励金ももらえるので一石三鳥です!ぜひ受けてみてください!!

 

合格証書(サンプル)

 

公共経営専攻では、公務員試験を念頭に置き、経営学や簿記・会計学の他、様々な法律科目の講義も展開しています。また、経営学と法学の両方の観点からものごとを考えることで、幅広い視野を養うことも目的としています。多くの人が1、2年次で憲法や民法といった主要科目を履修するので、2年次の後期に法学検定試験を受けることで、よい力試しになります。

法律は、自分や大切な人を守るための知的な武器といえます。法学検定試験は、所属に関係なく、将来公務員試験をめざすひとや、少しでも法律に関心のあるひとなどにぜひおススメの資格です。

経営学科では、この他にも簿記やファイナンシャルプランナー等、
様々な資格取得をめざす科目が開講されています。
皆さんも経営学科で資格取得をめざして、一緒に勉強してみませんか。

 

【関連リンク】

→経営学部の学びについてはこちら

一覧に戻る
学科に戻る