経営学部 経営学科
-最新情報-

経営学部の学位授与式

桜の蕾がほころび始めた令和3年3月13日(土)、春時雨の中、経営学部の学生は大講堂で学位授与式を迎えることができました。

 

通常であれば、大学全体の学位授与式は2部制とで行われ、経営学部は午後の部の授与式後、控室となる教室に戻り、学部全体で学長賞などの授与式や先生方から学生たちに贐のことばを贈っていただいたり、卒業関連書類を記入したりします。それらが終了した後、ゼミごとに分かれ、写真を撮ったり、近況報告をしたり、今後のことなど相談したりします。その後、立食の卒業パーティーが食堂で実施され、ビンゴ大会があったり、音楽系クラブによる音楽の演奏などがあったりします。

しかし、本年の学位授与式は、コロナウイルス感染予防への配慮から、学部・学科ごとに分かれ、大講堂からオンライン配信され、保護者の方々はご自宅から卒業式に参列いただき、広すぎる空間で厳粛に挙行されました。さらに、学生の集合は、混雑を避けるため、経営学部は、大講堂での学位授与式となりました。授与式前に書類記入を行う時間が取られ、その時間に教員から卒業生たちに言葉を贈る時間を取りました。

 

学位授与式は、慣れ親しんだ聖歌「父母の歌」の曲が流れる中、学園関係者が入場され、開式となりました。四弘誓願、国歌・学園歌が流れ、学長から学位記授与が行われた後、学長表彰授与、学長の式辞、理事長の祝辞、同窓会長の祝辞、後援会会長からの卒業生への花束贈呈と進み、お別れのことばは経営学部公共経営専攻の新山拓実さんが述べ、最後に大学学歌が流れ、閉式となりました。

 

コロナ禍で社会に巣立っていく学生たちは、例年卒業する学生よりも多くの大変に遭遇するかもしれません。しかし、この1年コロナ禍の中、がんばってきた学生たちは、社会人になってもしっかりがんばり、節目などに、近況報告を聞かせてくれることを楽しみにしています。

卒業生のみなさん
ご卒業 おめでとう 大きくなって帰ってきてください。

 

【関連リンク】

→経営学部の学びについてはこちら

 

一覧に戻る
学科に戻る