経営学部 経営学科
-最新情報-

浅野ゼミ(社会保障法ゼミ)研究レポート発表会

経営学科公共経営専攻・浅野ゼミでは、皆さんが生きていくうえで深くかかわる社会保障制度について勉強しており、4年生ゼミでは、それぞれの関心のあるテーマを選んで、研究レポート発表などをしています。

1月に行った研究レポート発表会の様子を紹介します。

なお、四天王寺大学では、コロナ禍での感染防止対策の面から、学生を学籍番号の奇数・偶数に分けて登校することになっています。ゼミも例外ではないため、発表は2週にわたって行いました。対面で教室に来る学生が発表し、リアルタイムのオンライン出席の学生は質問者の役割を担いました。


それでは、それぞれの学生が行った発表のテーマについて紹介しておきましょう!

 

①幼児教育・保育の無償化

②年金制度

③正常性バイアスと災害時の避難行動

④ベーシックインカム

⑤USJの経営戦略

⑥介護労働者の低賃金

⑦雇用調整助成金の不正受給

⑧生活保護制度

 

 

 

上記の通り、主として「社会保障」をテーマとした発表が中心ですが、経営学部ということもあり、幅広く雇用労働・経営・経済にかかわるテーマを含んでいます。いずれも学生自身が自らテーマを設定して、教員の指導を受けつつ、自分自身の力で完成させたものです。
「自分で問題を発見し考えていく」という大学でのゼミ学習らしい活動ができたことが、将来の学生の糧になっていくことと思います。

コロナ禍に見舞われた2020年は、感染症対策を中心とした医療問題、経済縮小や営業自粛を背景とした失業や休業時の所得補償問題など社会保障にかかわる問題が改めて注目された1年であったと思います。
また、コロナ対応をめぐって国や自治体の取組みに関心を抱く人も増えたのではないでしょうか。
公務員をめざす人にとっても、社会保障の知識を身に着け、社会保障の問題を理解することは非常に有益です。

ぜひ皆さんも一緒に、四天王寺大学経営学部浅野ゼミで社会保障を学んでみませんか?

 

【関連リンク】

→経営学部の学びについてはこちら

→四天王寺大学 OPENCAMPUSページ

一覧に戻る
学科に戻る