経営学部 経営学科
-最新情報-

企業経営・山﨑ゼミが、あべのハルカス近鉄本店の社会貢献活動に参加しました!

経営学科の3年山﨑ゼミでは、昨年末、あべのハルカス近鉄本店の社会・地域貢献活動の1つである縁活クリスマス企画に参加しました。

HP:近鉄百貨店、CSR活動、こどもホスピスへの寄贈

今回、学生たちは、あべのハルカス近鉄本店で社会貢献活動(縁活)を担当されている小林麻衣さんをはじめ、市民団体「ハンドケア to heart」の皆さんと協力してオーナメントを製作し、あべのハルカス近鉄本店での子どもたちの絵とオーナメントの展示会の準備を担当しました。この企画は難病と向き合う子どもたちが過ごす淀川キリスト教病院こどもホスピスに あたたかいクリスマスを届けるプログラムです。

地域の子どもたちからホスピスで過ごすお友達へ、「元気になってほしい」という思いを込めた絵をもとに羊毛フェルトでオーナメントを作り、ホスピスにプレゼントしました。でき上がったオーナメントはホスピスのエントランスに飾られ、あたたかく可愛いクリスマス装飾は、子どもたちやご家族の皆さまに喜んでいただくことができました。


参加した学生の感想文をいくつか紹介します。

子どもたちが描いた絵はどれも可愛くて、とても微笑ましい気持ちになりました。普段、細かい作業をしないのでほんとうに喜んでもらえるのか心配でしたが、精一杯、取り組みました。子どもたちの気持ちを想像しながら、オーナメントを作っていると不慣れな作業でも楽しんで取り組むことができました。今回の「森のクリスマス」企画は、あべのハルカス近鉄本店が中心となって、子どもたちやその保護者、市民団体、お客様など、関わる人たちみんなが優しい気持ちになれて、お互いによい影響を与えることができる活動でした。百貨店ならではの社会貢献活動だと感じました。(飯塚さん)

 

私は、これまでホスピスに入院する子どもたちの存在を知る機会がありませんでした。地域の子どもたちとホスピスの子どもたちが交流する機会を作る今回の活動は、地域を支える活動として素晴らしいと思います。子どもたちのあたたかい気持ちに触れ、ホスピスにクリスマスを届けるお手伝いができて、うれしく思うと同時に、このような活動を率先して行っている小林さんをみて、私も誰かのために行動できる社会人になりたいと思いました。私にとって貴重な時間になりました。(行政さん)

 

子どもたちの絵がすごく上手だったので、ちゃんと気持ちが伝わるようにオーナメントを作ってあげたくて頑張りました。難しかったですが、子どもたちが一生懸命に描いてくれた絵を見ていると、その様子まで伝わってくる気がしました。絵を描いてくれた子どもたちに手紙も書きました。コロナの影響で人と出会ったり、話したりする機会が減っていますが、このボランティアでは絵を通して子どもたちの存在を感じることができました。今回の経験は、自分の中ですごく大きな意義を感じました。人との関わり方は色々な方法があることを知ったので、今後は積極的に行動しようと思いました。(高道さん)

 

「森のクリスマス」は、社会的に意義のある活動だと思いました。主催されているあべのハルカス近鉄本店の小林さんの使命感には学ぶものがありました。また、オーナメント作りの他、就職活動のポイントを聞かせていただく機会や、作業している部屋に近鉄百貨店の秋田拓士社長が会いに来てくださる場面もありました。本音を言うと、はじめ、私はこの活動に参加するか迷っていました。天王寺へ行くのが面倒だと思っていたからです。ですが、当日、友達に誘われて参加してみると、想像以上に楽しく、良い経験ができました。何でもやってみることが大切だと思いました。(屋良さん)

 

羊毛フェルトでクリスマスの飾りを作ると聞いたときは、手先が不器用な私にもできるのかととても不安になりました。指導してくださった市民団体やハルカスの方のおかげで、作業は難しかったけれど、子どもたちのことを想って作ることができ、やりがいを感じました。初日はうまく作ることができなくて、悩みましたが、何とか1つのオーナメントができたときはホッとしました。徐々に手順やポイントも分かってきたので、自分なりに工夫できるようにまでなりました。初日よりも上手なオーナメントができたとき、何事も繰り返しやってみることが大事だと思いました。幼稚園児と入院中の子どもたちをつなぐ役割を担当して、自分自身も豊かで優しい気持ちになれました。あべのハルカス近鉄本店が地域と共生しようとする姿勢を間近で見ることができて、よい経験になりました。(藤原さん)

 

昨年までは、参加者みんなでワイワイ作業をしたり、子どもたちを交えたイベントを開催していたプログラムですが、今年度は新型コロナウィルスの影響で、黙々と作業をする時間が多くなりました。

▼オーナメント制作の様子

▼あべのハルカス近鉄本店での展示会の設営

▼淀川キリスト教病院にプレゼントされたクリスマスツリー

しかし、結果的には言葉を交わさなくても、人とのつながりを感じ取れる心温まる活動になりました。

 

四天王寺大学の企業経営専攻では、
社会や企業とつながりながら「経営」を学んでいます。
興味のある方はぜひオープンキャンパスなどで体験してください!

経営学部教員一同 お待ちしております。

 

【関連リンク】

→経営学部の学びについてはこちら

→四天王寺大学 OPENCAMPUSページ

一覧に戻る
学科に戻る