経営学部 経営学科
-最新情報-

これがIBU 公務員プログラムの学内ダブルスクール制度!

ダブルスクールとは、大学生や短大生が大型の資格試験の合格等を目標として勉強するためにライセンススクール等に通うことを言います。
税理士、公認会計士等の資格を取得するためや、公務員試験に合格するためにダブルスクールをする大学生も少なくありません。大学生がダブルスクールをする場合、大学の学費に加えて、ライセンススクールの学費と交通費がかかりますが、公務員試験の合格者の多くがライセンススクールとのダブルスクールを経験しています。その場合、大学の授業を終えてから、ライセンススクールに通うことになるので、移動をしたりしていると部活をしたり、アルバイトなどしている時間はありません。

その点、IBU経営学部公共経営専攻で実施される公務員試験の受験対策のためのダブルスクールは、学内で受講できるので大変便利です。

 

P7120126sIBU公務員プログラムの場合

公共経営専攻の新入生は入学後間もなくプログラムが開講し、公務員試験が実施される4年生までしっかりサポートします。このプログラムは公務員試験において受験指導では高い合格実績を誇るライセンススクール「東京アカデミー」が、公共経営専攻の学生のために特別に組んだカリキュラムにしたがって講座を開講します。

1年生の大学の授業は、1セメスター(1学期)の間に12~14科目の授業を受けます。この授業に支障を来たさないよう1年生のIBU公務員プログラムは、通常の授業の月・水・金の5限目に開講されます。まずは「公務員基礎講座」として、公務員試験の基本となる「英語」「国語」「数学」「地理」「日本史・世界史」「政治・経済・法律」などを学習します。このように授業のある期間は18時10分に講座は終了しますので、部活やサークル活動をすることも可能な時間です。さらに、春休みや夏休みの午前中にも集中講座を開講しまので、この講座をペースメーカーとしてメリハリのある長期休暇が過ごせるはずです。

1年生夏学期時間割の参考例

 

1限

 

英語Ⅰ

簿記Ⅰ

   

2限

経営学基礎Ⅰ

情報処理

 

仏教Ⅰ

キャリア・
デザイニング

3限

 

中国語Ⅰ

民法Ⅰ

心理学Ⅰ

スポーツⅠ

4限

憲法Ⅰ

 

ビジネス法入門

大学基礎演習Ⅰ

 

5限

公務員基礎講座

 

公務員基礎講座

 

公務員基礎講座

 

大学の授業時間は90分で、通常4限まで授業があります。1年生のIBU公務員プログラムは通常の授業とは別の特別講座になるため、平日の月・水・金の5限目講座と夏休み、春休み等に講座を設けています。1年生では1セメスター(4月~9月)、2セメスター(10月~3月)それぞれに別途講座の受講費用が必要です。
しかし、公務員試験の合格実績を誇る経験豊富な「東京アカデミー」の授業に加えてさまざまなサポートが受けられるのに、費用は専門学校に受けに行くより低額に抑えられています。さらに、大学が開いている時間はいつでもエクステンションセンターで公務員試験等に関する資料を自由に閲覧することができます。

講座のある日は、公務員試験受験指導の専門家が16時から19時までエクステンションセンターや教室に常駐していますので、学習上の不安等があっても、時間内の相談はいつでもOKです。講座が始まる前や終わってからも、どんどん質問したり、相談したりしましょう。

また、公務員プログラムと平行して、通常の授業でも公務員試験に必要な専門科目は経営学部の専門科目として基本から学びます。

2年生夏学期時間割の参考例

 

1限

   

公安職特別演習(教養数学)

   

2限

労働法概論

会社法Ⅰ

行政特別法演習(経済Ⅰ)

行政特別法演習(刑法)

キャリア
マネジメント

3限

行政特別法演習(憲法)

演習Ⅰ

 

憲法Ⅱ 

民法Ⅲ

4限

公安職特別演習(自然科学)

行政特別法演習(民法Ⅰ)

     

 

2年生では、公務員試験に関する科目の学習が通常の授業科目として本格的に始まります
本学の教員が担当する専門の基礎となる科目に加え、「東京アカデミー」の講師が担当する「行政職特別演習」、「公安職特別演習」という公務員試験に直結した科目も経営学部の専門科目として開講します。これらは授業ですから、卒業単位として認定します。2年生では、学部の授業で専門科目を深く学ぶとともに、大学生として多様な活動に参加し、多くの経験ができるようにエクステンションセンターと連携した講座は設けず、あえて経営学部の専門科目として開講しています。大学生らしい生活ができる絶好の期間となるので、旅行したり、将来のためにボランティア活動や地域活動理解のため市町村が実施する活動支援等を体験するなど、夏休みや春休みを大いに謳歌しましょう。

3年生は、通常の授業がより専門的になるため、「東京アカデミー」と連携した公務員試験に直結した専門科目の講座を再び開講します。この講座も授業の5限や夏休み、春休みを利用して開講します。がんばらなければならない夏休みや春休みの時間管理は重要なポイントです。この時期午前中の講座をペースメーカーとして1日のスケジュールを立てると中だるみすることなく充実した受験準備期間を過ごすことができ、正念場の4年生を問題なく迎えることができます。

4年生は、これまでがんばってきた最終仕上げと成果が問われる重要な時期なので、公務員プログラムは公務員直前講座として開講します。この公務員直前講座は授業外でありながら、講座費用を徴収しないバックアップ講座です。これまでにエクステンションセンターと連携した有料講座を受けた学生を対象として、全員が「公務員試験合格」という目標を達成できるようにバックアップを続けます。目標に向かって精一杯がんばってください。

IBU公務員プログラムは、
入学時から共に頑張った仲間と一緒にゴールできることが最大の強みです。

公共経営専攻の学生が、より高い目標に向かって可能性を伸ばすことができるよう、教員、エクステンションセンター、東京アカデミーが一体となり、夢の実現を応援します。

一覧に戻る
学科に戻る