アロハ・スピリットを体験する旅 ~AHUPUA’Aと和の精神~



 8月のオープンキャンパス(8月5日開催)のミニ授業では、健康福祉専攻4年生の園田桃子さんに、「アロハ・スピリットを体験する旅~AHUPUA’Aと和の精神~」というテーマで、ハワイで行われた「ソーシャルワーク・セミナー」(主催:公益財団法人ユニベール財団)に参加した経験を話していただきました。
 大学基礎演習Ⅰでも話していただき、概要については学科ホームページでも紹介しています
 今回は、高校生とその保護者を対象に、より具体的に話をしてくれましたので、その内容を紹介します。

 「アロハ!皆さん。ハワイって、日本人が大好きな外国の観光地ナンバーワンで、テレビなどでもよく紹介されていますよね。ハワイって、関西国際空港から約7時間のフライトで到着するんです!」というように、学生の立場で高校生へ話しかけてくれました。

 

セミナーは、次のような日程で進められました。

園田さんは、どのような経験をしたのか・・・。

 2月16日に実施された【講義4:Design Thinking】の風景です。
ホテルのセミナールームで、ロン先生から講義を受けている様子です。
ロン先生は、学生たちに、「考えることを大切にしよう。みんな違うのが当たり前。みんなの意見を受け入れよう」と話されました。学生は、とても熱心に聴いています。

 

「レイづくり」にも取り組みました。

ハワイの社会福祉施設の見学

州議事堂を訪問して州議員の方とお話しました。
日曜日は、バーベキューやサーフィンも楽しみました。

 

セミナー最終日のプレゼンテーマは、AHUPUA’A(アフプアア)でした。

ここで、ちょっと、AHUPUA’A(アフプアア)についてお話しますね。

 

 

すご~く充実した2週間でした。

皆さんも四天王寺大学でソーシャルワークを学び、
ハワイ・ソーシャルワーク・セミナーへもチャレンジしてくださいね!
マハロ!!!

 

【関連リンク】

→人間福祉学科・健康福祉専攻の学びについてはこちら

一覧に戻る 学科に戻る