国際キャリア学科着任教員の紹介(宮脇敏哉教授)



みなさん、はじめまして4月1日に山口の大学から赴任してまいりました宮脇敏哉(みやわきとしや)と申します。専門は、国際交流や国際経営戦略です。出身は、宮崎県です。海外の大学でも教育をおこなってきました。

メインは、ベトナムやインドネシア、ネパールです。これらの国々は、日本語教育のトップクラスに入ってます。

各大学で講義をおこなってきました。ベトナムでは、ハノイ大学やハノイ国家大学外国語大学、ハノイ貿易大学において集中講義や講演会をおこないました。

インドネシアでは、デンパサールのマハサラスワティ大学やウダヤナ大学、そしてジャカルタのダルマプルサダ大学やナショナル大学です。

高校での教育は、ハノイのハノイ国家大学外国語大学付属英才高等学校とインドネシアの国立第一高等学校や国立第八高等学校、スカブミの国立高等学校でおこないました。

これまでの経験を活かして国際キャリア学科の留学(1ヶ月や1年間)や英語研修を推進します。しかし現在は、コロナ禍のためオンラインでの留学プログラムを開発中です。

インドネシア・マハサラスワティ大学の先生方(真ん中が私です)

 

また空手道の指導員もしており、これまでに福岡の大学や新潟、愛知、山口などの監督およびコーチを経験してまいりました。これからは、本学においても指導したいとのビジョンを持っています。

インドネシア・国立第八高等学校空手道部(真ん中が私です)

 

私のミッションは、「学生のために」です。
国際キャリア学科の発展のために全力で活動します。

 

【関連リンク】

国際キャリア学科の学びについてはこちら

一覧に戻る 学科に戻る