2年生が模擬保育に取り組みました



最後の幼稚園実習を終えて、多くの2年生が大学に帰ってきました。今回の実習で生かせるよう、実習開始前に「保育実践演習Ⅰ・Ⅲ」の授業で模擬保育を行いました。その様子をお伝えします。

1,2合同の授業として実施し、1年生と先生役以外の2年生が4歳児の設定で模擬保育を受けました。

模擬保育を実施する2年生には「模擬保育の実践を通して、保育者視点で保育を考える」という課題が、また1年生には「模擬保育に子ども役として参加し、子どもの視点で保育(内容・援助)について考える」という課題が、それぞれ課されました。

2年生はこれまでに学習した保育技術や知識を使って、制作やリズム遊び、リトミック、運動遊びなど、様々な保育に取り組みました。

実施後は教員から講評をいただいたのち、子ども役の学生からは感想シートを通じて、感想や意見をもらいました。

保育者として子どもの前に立つ面白さや難しさを感じたことと思います。実習では今回の模擬保育の学びを生かすことができたのでしょうか?また2年生に聞いてみますね。

がんばったかな、2年生!!

 

<保育科公式インスタグラム>

 短期大学部保育科では、公式ホームページに掲載しきれないたくさんの写真と学科の日常を公式インスタグラムで紹介しています。「普段着」の保育科について興味のある方は下記QRコードから是非一度覗いてみてください 。   

 

https://www.instagram.com/ibuhoiku/?hl=ja

【関連リンク】

→短期大学部保育科の学びについてはこちら

→短期大学部OPEN CAMPUS 次回は7/9(土)、10(日)2022年度の開催日程はこちら

 

 

一覧に戻る 学科に戻る