短期大学部保育科「今年の公立採用試験合格者」



新型コロナウィルス感染症の蔓延に脅かされる日々の中で、今年も2年生8名が11市町村の公立保育者採用試験に合格しました。

<  合格した学生の皆さん。最後の授業で記念撮影!!(一人は都合で欠席です)

合格した自治体の内訳は、大阪府大阪市(3名)、藤井寺市、柏原市、奈良県生駒市、香芝市、橿原市、葛城市、五條市、そして和歌山県太地町です。

2年前の春、例年のような入学式もできないまま短期大学部保育科の学生となり、それ以来対面授業とオンライン授業の混ざった変則的な授業が続く中で、慈愛に満ちた保育者になることを夢見て粘り強く頑張ってきた成果です。

学内入構が許可制だった時も、保育科教員による集団面接、集団討論、個別面接、ピアノ演奏、造形、運動遊び等の指導を受けに大学へ通い、保育科教員はそれぞれの経歴・経験を活かして一人一人の個性に寄り添った的確な助言や指導を重ねました。

学生と教員の一体となった努力が目に見える形となり、胸がいっぱいです。

4月からは、保育科で培った力をそれぞれの現場で発揮してください。

いつも応援しています! 

【関連リンク】 

→短期大学部 保育科の学びについてはこちら

一覧に戻る 学科に戻る