ハローナーサリーの参加に向けて、準備しています!



教育学科幼児教育保育コースでは 、一人ひとりの子どもに心から寄り添うことのできる保育者について、保育現場の実際を学ぶさまざまな取り組みを行っています。そのひとつとして例年、1年生の11月頃に、大学に隣接する四天王寺悲田院こども園を訪問し見学する「ハローナーサリー」を実施しており、今年もその時期がやってきました。

ハローナーサリーの参加に向けて、クラス別に参加する目的などを考えていく事前学習に取り組んでいます。あるクラスでは「いい保育者とは?」と「保育の現場をみるために」として、個人ワークとグループワークで行いました。子どもたちとの向き合い方、子どもと保育者の関係性、園の環境の大切さ、見学時の表情や身だしなみなどについていろいろな話題が出ていました。

そのうえでグループとして考える「いい保育者」について表現してみました。

クラス別の取り組みの後、「ハローナーサリーについて先輩に聴いてみよう!」として、昨年度ハローナーサリーに参加した現2年生にグループインタビューを行いました。2年生の体験談やアドバイスは、これからハローナーサリーに参加する1年生にとって貴重な情報となったようです。

【1年生の感想】
・ハローナーサリーに行くまでに準備することや、行ってからの振り返りを知ることができた。しっかり準備して行って実際の保育について学べるようにしたいと思った。

・ハローナーサリーについての話を聞き、子どもとどういうことをしたとか子どもは若い人が好きだから抱きついてくるとか、その行く時の身だしなみについて詳しく聞けて良かったです。先輩たちが教えてくれたことを心に留めながらハローナーサリーに行きたいと思います。

・先輩からの話を聞いて、ハローナーサリーでの注目するべき点や学びを知ることが出来ました。また2年生になってからの授業の話も聞くことが出来て、先の見通しを見ることが出来ました。今回の話を参考にしてハローナーサリーに行きたいと思います。

【2年生の感想】

・1年生と交流ができてよかったです。

・1年生に教えるくらい、私たちもたくさん学んできたのだと思った。

・1年生のお困りごとやハローナーサリーについて話し合いました。去年の初々しい気持ちを思い出せてよかったです。なつかしい気持ちになりました。

・自分たちの経験や身だしなみなどを伝えることができ、少しでも分からないことや不安を解消することができたのではないかと思います。具体的に何をしたかを伝えたので、少しでもハローナーサリーのイメージを膨らますことができたと思います。

これからも幼児教育保育コースの学年を超えて、子どもに寄り添うことのできる本物の保育者をめざして、さまざまな経験や学びが得られる機会をつくっていきます。

【関連リンク】

→教育学部 教育学科 幼児教育保育コースの学びについてはこちら

→2023年 OPEN CAMPUS 次回は11月3日(金・祝)詳細はこちら

一覧に戻る 学科に戻る