幼児教育保育コースへご招待! プレエントランス・ガイダンス開催☆彡



教育学科幼児教育保育コースでは、「いい保育者」をめざしてさまざまな取り組みをしています。

2月25日(土)の午後、今年度の入学試験に合格した新入学予定者を対象にした第2回プレエントランス・ガイダンス(通称:プレエン)が開催されました。第1回のプレエンは昨年12月に行われ、前回参加のみなさんと、そして今回から参加のみなさんの合計39名をお迎えしました。

今回のプレエンでは、現1年生と3年生の在学生13名がぜひ新しい1年生をお迎えしたいと参加してくれました。

                

“大学の授業にふれる”ことを目的に、門谷真希先生による「センスオブワンダー子どもの遊びと学びについて」のテーマでミニレクチャー(授業体験)がありました。センスオブワンダーとは、レイチェル・カーソンの言葉で、子どもの感性を大切にするというメッセージです。門谷先生からは子どもたちの園庭で遊ぶ様子の動画や絵本なども踏まえて、保育者のセンスオブワンダーについて教えていただきました。新入生も大学の授業のイメージを膨らませながら熱心に授業を受ける様子が見られました。      

                 

続いて在学生による大学生活全般についての紹介がありました。MC役の3年生の2人が進行し、在学生に大学生活についての質問を投げかけて、1年生・3年生がその質問に答える方法で進められました。在学生は授業のこと、実習のこと、アルバイトやボランティアのことなど、多岐にわたり分かりやすく伝えてくれました。

                

その後、グループに分かれて、新入生と在学生との座談会を行いました。新入生は全体の場では聞くことができなかった質問などを在学生にして、あっという間に仲良くなることができました。          

            

今日は都合で参加できなかった新入生もいましたので、4月には新入生のみなさんと一緒に楽しい幼児教育保育コースを作っていきたいですね☆

【関連リンク】

教育学部 公式instagramで学生の活動を更新中!
https://www.instagram.com/ibueducation/

→教育学科 幼児教育保育コースの学びについてはコチラ

→四天王寺大学 OPEN CAMPUS2023 初回は3/26(日)開催!詳細はこちら

一覧に戻る 学科に戻る