教育学部 教育学科 中高英語教育コース
-最新情報-

English Research Symposium 2021

Shitennoji University’s 2021 English Research Symposium was held on Jan. 25. This year, five fourth-year students from the English Education course volunteered to present in front of their peers and all of the English Education course teachers.

1月25日、四天王寺大学の2021年度「英語研究シンポジウム」が開催されました。今年は、英語教育コースの4年生5名が仲間や英語教育コースの先生方全員の前で発表してくれました。

 

As with each year’s symposium, each student conducted research, and then presented their findings entirely in English.

例年のシンポジウムと同様に、各学生が研究を行い、その成果を全て英語で発表しました。

There was an eclectic array of topics this year, including:

  • Public opinions about early English education in Japan
  • The relationship between teacher behavior and students’ trust in them
  • How prepared public teachers feel for a school-related crisis
  • The use of new ICT technology in public schools
  • The effect of Covid-19 on trends in beauty care

 

今年の発表は、以下のように多岐にわたるものでした。

  • 日本の早期英語教育に対する世論
  • 教師の行動と生徒の信頼関係について
  • 教師が学校関係の危機にどのような心構えで臨んでいるか
  • 公立学校における新しいICT技術の活用
  • 新型コロナウイルスと美容トレンド

 

This year, special arrangements were made to ensure that all students could join, despite the need for social distancing. To this end, several students watched the symposium online, although most students attended the symposium in-person and sat in designated, spaced seats.

今年は、ソーシャル・ディスタンスを必要とするにもかかわらず、すべての学生が参加できるように特別な配慮がなされました。そのため、一部の学生がオンラインでシンポジウムに参加しましたが、ほとんどの学生は対面で参加しました。また、参加者は十分な間隔をとって座りました。

Regardless, we had more audience members participate in Q&A sessions—in English—than ever before. It seems that, year after year, the students are becoming more and more confident in their ability to use English freely.

それでも、英語での質疑応答には、これまで以上に多くの聴衆が参加してくれました。年々、英語を自由に使える自信がついてきているようです。

The juniors were greatly inspired by these presentations and could imagine how they might present their own research next year.

後輩たちは、このような素晴らしい発表に非常に刺激を受け、来年は自分たちの研究を発表することをしています。

 

【関連リンク】

教育学科 中高英語教育コースの紹介ページはコチラ

 

一覧に戻る
学科に戻る