英語教育・小学校コース 3・4回生ゼミ風景



SLCC、言語文化学部准教授 箙隆(えびらたかし)先生と
Engaged Learningセンター長 ルーシー・スミス先生の
招聘(しょうへい)講義を行いました。

四天王寺大学では、5月9日(火)から5月29日(金)アメリカ合衆国よりSLCC(ソルトレイクコミュニティカレッジ)と、カナダよりカモーソンカレッジ(CC)の留学生をお迎えし、「日本文化研修プログラム」(Discover Japan Program)が行われました。ここでは、SLCCの学生チームを引率して3週間滞在くださった、箙先生とルーシー先生の講義から伝えます。

箙先生は、コロナ禍以前よりSLCC四天王寺大学研修プログラムを数年来続けてこられました。今回はポストコロナでは初めての訪問で、留学生も四天王寺の学生も心待ちにしていました。アメリカ合衆国では、海外留学をする学生は20%に満たないそうですが、ユタ州のソルトレイクで日本語を学び続けるには強い意欲を持つことが重要です。しかし、飛行機代金の高騰などによりアメリカ合衆国でも学生の予算や奨学金の獲得には奔走をされた様子で、苦労の中の実施となりました。

本当によくきてくださいました。Welcome to Japan!

SLCCでは、一度社会人として、レストランの店員として働き、大学に戻って学んでいる者や、修士課程でコンピューターデザインを学び、また学士に入り異なる分野を学ぶ者など、実に幅広い学び方があります。メキシコ出身でアメリカ生まれの方など多文化が入り混じり、実に個性的かつ調和的なグループです。この日本3週間の間に、日本への本格的な留学をめざす学生も多いと聞きます。

下の写真は、Engaged Learningについて英語でディスカッションをしている模様です。

ルーシー先生は、Engaged Learningの専門で、冬季オリンピックで有名となったソルトレイク生まれのプロスキーヤーでもあります。そのエネルギッシュで、情熱のある、かつ、学生の意見を温かく支える講義では、学生ら一同がいつの間にか、英語で意見を述べることが出来た場面も多くありました。

Engaged Learning とはどのようなことを指すのでしょうか?
ディスカッションタイムのトピックです。↓

  • Write down two or three goals related to how you might get more engaged in your learning.
  • Draw a picture of how you might better engage in your learning.

(要約)「自分の学びにどのようにすると、もっと没頭できそうか、2~3のゴールを書いてみよう。」そして「学びに一生懸命になれる方法を図に表してみよう。」そして、「ディスカッションしてみよう。」

学生からは日ごろ意識あまり意識していなかった自分の学び方を、もっとより良くするための図を描いたり議論をしたりしました。またルーシー教授からは、社会に貢献することや、海外で学ぶときにも、それらの講義やチームに参加するときには、次のような心の準備が大事だと話されました。

  • Students do service as a part of their course work. 
  • Students link their service to their learning in class through reflection. 
  • Students learn how to be engaged in their community and advocate for things they care about. 
  • Students also learn about social issues/social problems related to their learning.

(要約)学生は、コースワークの一部として働くこと、学生はreflectionをとおし、クラスの中の学びに自分の働きを位置付けること、コミュニティの問題について学び、どう参加し専心することが出来るのかを学び、社会について気になっている事柄のために提案すること、生徒は自分の学びに関連した社会の諸問題について学ぶこと

ルーシー先生の導きで、学生らは、自分自身の学びに責任を持ち、クラスに積極的に提案し、社会の諸問題と自分の将来の仕事を結んで学ぶことが大事であることを学びました。

また学生時代に経験する「ボランティア経験」がなぜ重要であるのかを、考える機会になりました。ゼミの中には「野外活動のスタッフ」「盲導犬の運動サポート」「放課後クラブの手伝い」「不登校児童の学び手伝い」など、ボランティアを経験する学生がいます。Engaged Learningは、大学内だけでなく、社会の何らかのチームや組織で、社会的な諸問題と結んだ生産的な学びをすることを意識することだと考えられます。

~大学4年間は、あっという間に過ぎて行く、その学びのデザイン者は自分であること~

講義後はココカフェで、おいしいランチを食べながら、SLCCと四天王寺大学のさらなる学生交流に華が咲きました。抹茶パフェは人気です。

続いて連絡を取り合いましょう。Keep in touch!

SLCCの大学情報はこちら】

Salt Lake Community College(SLCC)のムービー

Salt Lake Community College(SLCC)のホームページ

【関連リンク】

→教育学科 学校教育コース 英語教育選修の紹介はコチラ

→四天王寺大学 OPEN CAMPUS2023 次回は7/8(土)、9(日)開催!詳細はこちら

【関連リンク】

インスタグラムで学科・コース・選修の活動を更新中♪
https://www.instagram.com/ibu_eigo_official/

一覧に戻る 学科に戻る