看護学部看護学科

「和」のこころ × 最先端の医療で地域の看護を新しく!

ワタシの
成長
STORY

医療従事者としての責任を胸に、自分にできるケアを追求したい。

矢野 三佐子さん看護学部 看護学科 2年生
大阪府立布施高等学校 出身

充実したカリキュラム、施設・設備が整っていること、 4年間で複数の免許や資格が取れることに魅力を感じて入学しました。1年次には重度認知症の高齢者の方が入所する特別養護老人ホームでの実習を経験しました。施設を人生最後の場所とする方もいらっしゃるなかで、

そこで働く看護師の方々は、一人ひとりの利用者さんと深く関わり、生活の場として環境を整えようとされていました。看護師は人の人生に関わる仕事だと知ると共に、医療従事者としての責任に背筋が伸びました。看護学科の先生は学生と真摯に向き合ってくださる方ばかり。そしていつでも個別に悩みを相談できるなど、安心して学べる環境が整っています。病気や障がいをかかえることはその人の人生に大きな影響を与えます。患者さんに誠実に向き合いながら、自分にできるケアを追求できるよう学びたいと思います。

学びの領域

「地域」と「最先端」両方を本格的に学ぶ本学独自のシステム

最先端の学修環境で高度な知識と技術を身につけ、
地域の人々を支える看護職(ケアのプロフェッション)を育成します。

「地域」と「最先端」両方を本格的に学ぶ本学独自のシステム

取得がめざせる免許・資格

夢や目標にあわせて4つのコースから選べます!

夢や目標にあわせて4つのコースから選べます!

※申請必要。特定の資格を取得することが要件となっています。


  • 「地域」と「最先端」両方を本格的に学ぶ本学独自のシステム

学びのPOINT

  • ①少子・超高齢社会と、 地域の人々を支える看護職へ。

    日本は2025年に少子・超高齢社会のピークを迎えます。医療機関だけでなく、生活の場でも医療ケアが必要となり、看護職が大幅に不足しています。こうした状況で必要とされ、活躍できる看護職を育成します。

  • ②最先端の施設・設備を備えた看護棟で学ぶ。

    超高齢社会により疾病構造が変化し、医療は高度化しています。これに対応できる看護職を育成するため、看護棟内には、実際の看護状況を再現できるシミュレーションセンターや、最新設備を備えた看護実習室を設置しています。

  • ③特長ある演習・実習など、社会で活きるカリキュラム。

    1年次は人について理解することから始まり、実習もスタート。2・3年次では講義は細分化され、演習と実習によりさまざまな健康課題に対する看護を学びます。4年次では自ら看護を探究し、どう社会の中で活かすのか考えます。

  • ④「和のこころ」を学び、看護への理解を深める。

    「和を以て貴しとなす」。本学では聖徳太子による十七条憲法第一条の教えを大切に、「和の精神」を教育の柱としています。これは人が人をケアする「看護学」に通じる理念。この思想を背景に看護のめざすところを理解します。

大学案内デジタルパンフレット
クラブ&サークル紹介
ココロエプロジェクト
知的・人的データベース
情報公開
あべのハルカス サテライトキャンパス
事務職員採用情報
あなたの町へ 入試相談会
大学案内デジタルパンフレットクラブ&サークル紹介

ココロエプロジェクト知的・人的データベース

情報公開あべのハルカス サテライトキャンパス

事務職員採用情報あなたの町へ 入試相談会

遠隔授業を受講するための各種マニュアル就職活動応援特設ページ

クラブ&サークル紹介地域連携

教員免許状更新講習看護実践開発研究センター

同窓会
back to top