大学院 看護学研究科看護学専攻
※2020年4月開設

多様化・複雑化している中、
人々と社会の看護のニーズに応えることのできる
高度専門職業人・研究者・教育者となる人材を育成する。

教員情報

  • 氏名 乗越 千枝  (のりこし ちえ)
    職位 教授
    学位 博士(看護学)
    部屋番号 9号館(看護棟)2階223
    E-Mail norikosi@shitennoji.ac.jp


メッセージ

  • 在宅看護、継続看護、エンドオブライフケア、自立支援(キネステティクス)等についての研究に取り組んでいます。住み慣れた場所で自分らしく最期まで暮らせるためのケア、在宅生活を支えるケアについて共に考えていければと思います。

大学院担当科目

  • 在宅看護学特論、在宅看護学演習Ⅰ、在宅看護学演習Ⅱ、在宅看護学特別研究

学部担当科目

  • 初期実習Ⅰ(生活をみる)、初期実習Ⅱ(コミュニケーションの実践)、大学基礎演習(看護基礎ゼミ)、在宅療養生活支援論、在宅療養生活支援技術演習、在宅療養生活支援実習、家族の健康課題と生活支援、課題研究、統合実習、生活健康論

研究テーマ

  • 在宅看護、訪問看護、継続看護マネジメント、エンドオブライフケア、自立支援(キネステティクス)

研究業績

  • ・公益財団法人日本訪問看護財団監修:看護訪問看護基本テキスト各論編.日本看護協会出版会,2018.(担当:Ⅲ対象者別の知識・技術 7.エンドオブライフケア 4.チームアプローチ)

    ・長江弘子編著:生活と医療を統合する継続看護マネジメント第2版.医歯薬出版株式会社,2018.(担当:第3章継続看護マネジメント(CNM)の事例,第4章継続看護マネジメント(CNM)の展開方法)

    ・長江弘子編集:看護実践にいかすエンド・オブ・ライフケア.日本看護協会出版会, 2018.(担当:第5章エンドオブライフケアを支える地域づくり)

    ・島内節編著:現場で使える在宅ケアのアウトカム評価.ミネルヴァ書房,2018. (担当:第5章第3節地域包括ケアにおける継続看護マネジメントとアウトカム評価

    ・乗越千枝:臨地実習における看護学生の気づきに関する文献検討.梅花女子大学看護保健学部紀要, 10:40-49,2020.

    ・横手洋子, 乗越千枝, 海尾美年子, 松村美幸 : 要介護高齢者の自立促進のための介助方法の効果. 平成30年度大同生命厚生事業団地域保健福祉研究助成報告書.150-154, 2019.

    ・Norikoshi.C: Community and college collaborative project for Community-based integrated care system. TNMC&WANS International Nursing Research Conference (Bangkok).2017.

    ・Norikoshi.C. Kobayashi.H. : Effect of learning of continuing nursing for basic nursing education: comparison of curriculum.The 3rd KORIA-JAPAN Joint Conference on Community Health Nursing(Pusan). 2016.

所属学会

  • 日本在宅ケア学会 日本看護科学学会 日本看護研究学会 日本地域看護学会 日本公衆衛生学会 日本エンドオブライフ学会 日本看護教育学会












大学案内デジタルパンフレット
クラブ&サークル紹介
ココロエプロジェクト
知的・人的データベース
情報公開
あべのハルカス サテライトキャンパス
事務職員採用情報
あなたの町へ 入試相談会
大学案内デジタルパンフレットクラブ&サークル紹介

ココロエプロジェクト知的・人的データベース

情報公開あべのハルカス サテライトキャンパス

事務職員採用情報あなたの町へ 入試相談会

看護学部看護学科ibuTV:オリジナルムービーを、YouTubeで公開中!

クラブ&サークル紹介地域連携

教員免許状更新講習看護実践開発研究センター

back to top