大学院 看護学研究科看護学専攻
※2020年4月開設

多様化・複雑化している中、
人々と社会の看護のニーズに応えることのできる
高度専門職業人・研究者・教育者となる人材を育成する。

教員情報

  • 氏名 福田 和明  (ふくだ かずあき)
    職位 教授
    学位 博士(看護学)
    部屋番号 9号館(看護棟)3階310
    E-Mail kfukuda@shitennoji.ac.jp


メッセージ

  • 成人看護の領域で実践・教育・管理に携われている方,成人看護学の新しい知見を探求したい方は,是非,大学院での学習・研究活動にチャレンジしてください。自らの研究疑問に対し,意欲的に取り組まれる方を支援したいと考えています。

大学院担当科目

  • 成人看護学特論、成人看護学演習Ⅰ、成人看護学演習Ⅱ、成人看護学特別研究、看護学特別研究

学部担当科目

  • 初期実習Ⅰ(生活をみる)、初期実習Ⅱ(コミュニケーションの実践)、大学基礎演習(看護基礎ゼミ)、療養生活支援論(成人・高齢者)、看護治療技術演習、療養生活支援技術演習Ⅰ、療養生活支援実習Ⅰ(急性・回復期)、療養生活支援実習Ⅱ(慢性期)、課題研究、統合実習

研究テーマ

  • ・看護診断,および看護診断・介入・成果の記録の質に関する研究

    ・重症患者の家族看護に関する研究

    ・慢性病者の体験(急性増悪,対人関係への影響)に関する研究

研究業績

  • 【学術論文】

    ・Yuko Kuroda, Kazuaki Fukuda, Hiroaki Yamase, Ryoma Seto, Misae Ito, Kimiyo Shimomai, Hidetoshi Furukawa, Junko Tatsuno, & Asami Tado.(2017). Fact-Finding Survey on the Operational Status of Electronic Medical Record Systems in Japan. Online Journal of Nursing Informatics Contributors.

    ・古川秀敏,下舞紀美代,黒田裕子,福田和明,益田美津美,小泉純子.(2016).NANDA-I看護診断"死の不安"の診断指標の妥当性に関する研究. 看護診断,21(6),1-15.

    ・福田和明,黒田裕子.(2012).重症患者家族のニーズに対するクリティカルケア看護師の認知構造モデルの構築.日本クリティカルケア看護学会誌,8(1),17-28.

    ・福田和明.(2012). クリティカルケア領域における家族の捉え方・その特徴. 家族看護,10(1),19-27.

    ・福田和明,黒田裕子.(2010). 重症患者家族のニーズの概念分析. 日本クリティカルケア看護学会誌,6(3),8-15.

    【著書】

    ・福田和明.(2020).第2部 4. 慢性期の事例,黒田裕子(編),臨床活用事例でわかる中範囲理論(pp.54-67),日総研出版.

    ・福田和明.(2019). 2. 事例の看護計画にNANDA-Ⅰ-NIC-NOCを活用する 慢性期の事例2,付録 NIC-NOCの最新分類構造の表,黒田裕子(編),NANDA-I-NIC-NOCの基本を理解する-最新の動向と看護計画への活用の仕方 第2版(pp.120-144,pp.260-268),医学書院.

    ・福田和明.(2018). 第2章 3.周産期の事例 緊急帝王切開により超低出生体重児を出産した母親,黒田裕子(編),アセスメントに強くなる看護診断(pp.74-91),医歯薬出版.

    ・福田和明.(2018). 第5章 5. 周術期患者の離床に関する教育指導を評価するルーブリック,森田敏子・上田伊佐子(編),看護教育に活かすルーブリック評価実践ガイド(pp.96-104),メヂカルフレンド社.

    ・福田和明.(2017). 消化器運動機能障害リスク状態,出血リスク状態,術後回復遅延,小田正枝(編). 実習でよく挙げる看護診断計画ガイド(pp.61-63,pp.130-132,pp.144-146),照林社.

    ・福田和明.(2016). Ⅱ. 対象論的な看護理論 マーサ・E・ロジャーズ,黒田裕子(編),ケースを通してやさしく学ぶ看護理論 改訂第4版(pp.204-225),日総研出版,

    ・福田和明.(2015). 第2章 保健行動理論 事例編,第2章 行動変容ステージモデル 事例編,黒田裕子(編),看護診断のためのよくわかる中範囲理論(pp.54-62,pp.67-76),学研メディカル秀潤社.

所属学会

  • 日本看護科学学会,日本看護研究学会,日本看護診断学会,日本クリティカルケア看護学会 日本赤十字看護学会

受賞歴

  • NANDA-International Editor’s Award 下舞紀美代,古川秀敏,黒田裕子,福田和明,益田美津美,小泉純子.(2018).
    The Difficulty in Japan of Selecting the NANDA-I Nursing Diagnosis (2015–2017) of “Death Anxiety” (日本におけるNANDA-I看護診断(2015-2017)の“死の不安”の選択の困難さ) .International Journal of Nursing Knowledge,29(1),4-10.












大学案内デジタルパンフレット
クラブ&サークル紹介
ココロエプロジェクト
知的・人的データベース
情報公開
あべのハルカス サテライトキャンパス
事務職員採用情報
あなたの町へ 入試相談会
大学案内デジタルパンフレットクラブ&サークル紹介

ココロエプロジェクト知的・人的データベース

情報公開あべのハルカス サテライトキャンパス

事務職員採用情報あなたの町へ 入試相談会

看護学部看護学科ibuTV:オリジナルムービーを、YouTubeで公開中!

クラブ&サークル紹介地域連携

教員免許状更新講習看護実践開発研究センター

back to top