キャンパスライフ - 新着情報 -

本学初となるキャンパス内で授戒会、3密回避でオンライン生中継も実施。

2020年度は、新型コロナウイルス感染症の影響で遠隔授業からスタートしました。

例年であれば、4月に四天王寺の本坊・五智光院において、大学・短大あわせて1000名を超える新入生の授戒会(じゅかいえ)をおこなっていますが、今年はコロナ禍の観点から冬学期となる10月1日(木)に本学初となるキャンパス内での実施となりました。

※授戒会とは、四天王寺大学の学生として仏教精神にもとづく学修に精進(しょうじん)すること心に誓う行事です。

大講堂をメイン会場とし、こちらも3密を回避するために座席の間隔を開けて学生たちは着席します。普段であれば、新入生が全員入る大講堂ですが、ソーシャルディスタンスを保つように着席するとあふれてしまうため、今回は各学科・コース・専攻ごとに教室を分けて大講堂から生中継!!

厳粛な雰囲気のなか、これから始まる学修への思いを新たにするとともに、学生の代表が仏様に花を捧げ、戒師さまか授物を頂き、謝恩の辞を述べました。

冬学期からは遠隔+対面のハイブリッド方式による授業が展開され、新入生の皆様も新しい学生生活が始まります。

期待と不安が入り混じる新入生の皆さん、健康で実りある学生生活を送られることを心より願っています。

一覧に戻る