生涯学習・地域貢献 -高大連携-

大阪府立河南高等学校の高大連携授業(第4回目)について

 令和3年1月27日(水)、大阪府立河南高等学校のe(エスペランサ)コースで令和2年度第4回目となる高大連携授業を行いました。

第4回目は、「子どもたちの『心』を知ろう」をテーマとして、上野淳子准教授(人文社会学部社会学科)が、教員を目指す生徒たちにぜひ知っておいてほしい、子ども独特の「心」のあり方を紹介しました。

 まず、「“じぶん”や周りの捉え方」について心理テストを実際に行い、その結果の発表をまじえながら、子どもの自己や周りの捉え方を紹介しました。次に「考え、学習する力」をテーマとして思考能力を問う問題や英語のリスニング問題を解き、同様の問題を子どもならどう答えるのか実験映像を視聴しました。そこから効果的な学習に必要なものは何か、教員の役割とは何かについて説明しました。生徒たちは熱心にメモを取り、集中力の高い授業となりました。

 

上野先生の授業風景

 

一覧に戻る