ココロエプロジェクト

【COCOROEポタジェプロジェクト】児童福祉施設様「じゃがいも」収穫体験

【COCOROEポタジェプロジェクト】は、学生と教員が協力して 「菜花園(家庭菜園)」を維持管理しており、学生が将来、教員などになった際、野菜や花の栽培方法を指導できることを目的とした食育を学ぶアクティブラーニングを実践するフィールドとしてスタートしました。

今回、学生が栽培した野菜を子どもたちに新鮮な野菜の美味しさを知ってもらい、食育につなげたいという想いから、5/15(土)・22(土)と2日間にわたり、児童福祉施設の施設長様をはじめ施設利用者の子どもたちと一緒に栽培・収穫体験を実施しました!

2日間とも、ちょうど収穫時期を迎えたじゃがいも「キタアカリ」と「メークイン」の2種類。
軍手をつけて、宝もの探しがスタートです!

みんな思い思いの場所で、一生懸命収穫しています!小さなお友達も楽しく収穫できました!
この日は、天候に恵まれとてもいい天気で、熱中症対策で帽子をかぶって、のどが乾いたら水分補給も忘れずに行いました。

子どもたちの体力はすごいです!このビニール袋いっぱいに詰まったキタアカリ1袋とメークイン1袋を両手いっぱい持ち帰ってもらいました!はてさて、収穫したじゃがいもは、どんな料理に変身するのでしょうか!?

【COCOROEポタジェプロジェクト】の実習農園には、果樹も植わっており、少しだけでしたがサプライズとなるサクランボも収穫しました。

収穫が終わった後は、後片付け!
みんなでじゃがいもの茎や葉を集めて、1カ所に集めてくれています。最後の力を振り絞って、畑をきれいにお掃除しました。

【収穫体験後の子どもたちの感想】

  • (自分のビニール袋を持って)こんなに採れた!すごく楽しかった!
  • 疲れたけど、楽しかった!
  • ポテトサラダ作ってもらう!
  • カレーに入れる!

などなど、とても楽しく収穫体験していただきました!

この体験を通して子どもたちに「農業は楽しい」「野菜は美味しい」というイメージを持ってもらい、農業を身近に感じてもらう機会となりました。

嬉しいサプライズ♪

今回のじゃがいも収穫を体験いただいた児童福祉施設の子どもたちから御礼のメッセージカードをいただきました!!とても感激しました!これからもポタジェプロジェクトは続きますので、また「菜花園(家庭菜園)」でご一緒できる日を楽しみにしております!!

【関連リンク】

COCOROEプロジェクトはコチラ

一覧に戻る