Shitennoji University

経営学部 経営学科企業経営専攻

企業経営専攻とは

企業人や起業家として、自分の目標や夢を実現する過程で、みんなの幸せを心に留めることが、真の「経営」です!

地域から世界へ、そして企業の成果を出すことをめざし、社会から必要とされる人材を育てます。企業人や起業家をめざすだけでなく、将来の方向性を探している方も、企業経営専攻での学びがおすすめです。教員と学生の距離も近く、アカデミックな知識と実務経験を組み合わせて、親身な教育と指導を行います。卒業生は実業界で成功を収め、その経験を後輩に伝えるために大学に戻ってきます。経営学科は、教員が学生一人ひとりに寄り添い、共に成長する場です。

専攻の特長

自分がめざす職種と「学び」をマッチングさせ、一人ひとりの進路目標を着実に実現します!

企業経営専攻では、「ビジネス情報コース」「地域創生コース」「会計ファイナンスコース」「ホスピタリティコース」を新設し、学修の体系化と専門化を進めています。データサイエンスのスキル、地域貢献、会計ファイナンスの知識、そしてホスピタリティなど、社会で求められるスキルに対応し、個々の特性に合わせた学びを提供します。一人ひとりがめざす職種への道を、実現に向けてサポートしています。

「ビジネス情報」「地域創生」「会計ファイナンス」「ホスピタリティ」の4つのコースを通じて、めざす職種への直接的な道筋を提供します。

幅広い学びを得られる3コース「ビジネス情報」「地域創生」「会計ファイナンス」

Step1

幅広い学びを得られる3コース「ビジネス情報」「地域創生」「会計ファイナンス」

ビジネスパーソンに必要な基本スキルやデータサイエンス、会計ファイナンスの知識を学び、企業リーダーの資質を磨きます。地元企業と連携した商品開発やイベント企画などを通じて、地域に密着して貢献する起業家としてのスキルを高め、就業機会を拡大します。

企業経営専攻を活性化させる2コース「会計ファイナンス」「ホスピタリティ」

Step2

企業経営専攻を活性化させる2コース「会計ファイナンス」「ホスピタリティ」

「会計ファイナンス」コースでは、会計や財務に関連する科目を学び、小売・サービス業に焦点を当てた「ホスピタリティ」コースでは、営業や接客に関連する科目を学びます。これらはビジネスの基礎知識を体系的に修得し、専門資格の取得をめざすために設計されており、それぞれの職種への就職に直接つながります。

地域社会への興味・関心を高める「経営学科共通コア領域」の学び。

Step3

地域社会への興味・関心を高める「経営学科共通コア領域」の学び。

学科共通の科目として、企業経営専攻の学生も、地方公務員や公安職の公務員試験に向けた「公務員基礎演習」や「財政学」「時事問題研究」の科目を受講できます。さらに、地域の課題に取り組む「地域創生概論」も用意しています。これらの科目を通じて、地域貢献に必要な知識を身につけ、実際の活動に参加することで、様々な職種を選択できる能力を高めます。

キャリア

企業経営専攻のキャリアサポートは「インターンシップ」を中心に据え、その前後にキャリア演習科目を設けています。筆記対策からインターンシップ前のビジネスマナー学習までカバーし、ビジネス実務マナー検定を大学支援によって全員受験できます。また、「あべのハルカス」23階には、サテライトキャンパスを設置し、就職活動を全面的にサポートしています。

先輩たちの声

一般的なAOスキルに加え、動画編集やプログラミングのスキルまで学べました。

経営学部 経営学科 企業経営専攻 4年生 栗山 蓮 さん出身校:大阪府立大塚高等学校

情報処理演習の授業では、Microsoft Officeの扱い方はもちろん、動画編集やプログラミングなど、将来の役に立つ多様なスキルが身につきます。資格取得をバックアップする授業が充実しています。

資格取得のサポートが手厚く、奨励金制度も用意されています。

経営学部 経営学科 企業経営専攻 卒業 𠮷野 優希 さん出身校:大阪府立東百舌鳥高等学校
勤務先:リゾートトラスト株式会社

簿記などの資格取得をめざす講義は解説が丁寧で、講義内で問題演習もあるので効率よく学べます。また、資格のランクに応じて資格チャレンジ奨励金が支給されるので、スキルとモチベーションアップの両方が叶います。

大学で学んだ簿記やマーケティングなどの知識を日々に業務に活かしています。

経営学部 経営学科 企業経営専攻 卒業 中川 梨子 さん出身校:大阪府 浪速高等学校
勤務先:JR西日本SC開発株式会社

大阪駅直結の商業施設に就職し、これまで店舗管理、商品の売上動向・検討、ショップ誘致・運営などの業務に携わりました。社会人になり、大学で学んだ簿記やマーケティングなどの知識が役立っているのを強く感じます。