図書館 -新着情報-

第2回目 大阪府立病院機構 大阪はびきの医療センターで「紙芝居」絵本の「読み聞かせ」を実施しました。

    第2回目 平成29年9月12日(火)午前10時から11時30分の間、大阪はびきの医療センター2階の待合室において本学の学生8名(図書館サポーター)が読み手となって「紙しばい」、絵本の「読み聞かせ」と「手品」を開催いたしました。

     四天王寺大学 図書館サポーター(図書サポ)は、平成28年度より学生の自発的な活動(利用支援・企画・地域貢献・広報活動)として発足したものです。

     同医療センターの職員さんの協力も頂き、来場者の総勢は大人25名、幼児童28名となりました。保護者の方より「待ち時間で、子どもにこまらせられることなく紙芝居が始まると真剣に見てくれ、また、手品も家でできそうで楽しかったです」等とのあたたかいお言葉も頂戴しました。学生達にとって、とても感慨深い一日となりました。

     また、病院の担当職員の方から学生達に、「3回目も楽しみにしています」と、お声がけをいただき、今後も演じ手として、技術の習熟に努める決意を固くしていました。

 

 

 

 

一覧に戻る