図書館用語集

図書館用語集-索引-

図書館用語集 - た行 -

用語 フリガナ 説明
逐次刊行物 チクジカンコウブツ 逐次刊行物とは、終期が予定されておらず、同一の標題のもとに継続的に刊行される出版物のこと。新聞、雑誌、年報、統計書、紀要などが該当する。
チュートリアルシステム チュートリアルシステム あるテーマについて自習形式で学ぶことができるe‐Learningシステムのこと。
関連ワード「e‐Learning
著作権 チョサクケン 著作権とは、思想や感情などを創作的に表現した知的創作物について、創作者が独占的に利用、経済的利益を受ける権利。または、その権利を保障する制度。
著作権者 チョサクケンジャ 著作権者とは、著作権を所有する者のこと。
著作権法 チョサクケンホウ 著作権法とは、著作権を保護するための法律。
著作物 チョサクブツ 著作物とは、「思想又は感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するものをいう。」(著作権法第2条1項)
著者 チョシャ 著者とは、書籍等の資料の記述を行った者。また、編集や翻訳などに関わった者を含める場合もある。
英語表記は「author」。
データベース データベース データベースとは、コンピュータで容易に検索・利用できるように、ある一定のテーマに沿って管理されている大量のデータのこと。
典拠ファイル テンキョファイル 典拠ファイルとは、標目の形式を統一するために記録したファイル。著者名や統一書名などの標目の種類で分類される。
関連ワード「標目
電子ジャーナル デンシジャーナル 電子ジャーナルとは、紙媒体として刊行された雑誌などを電子化したもので、学術雑誌を電子化したものを指す場合が多い。オンライン・ジャーナルとも呼ばれる。
電子ジャーナルリポジトリ デンシジャーナルリポジトリ 国立情報学研究所が平成15年(2003年)からインターネット上で運用する、複数の大学等やコンソーシアムが購読契約した海外の電子ジャーナルのうち、出版社の許諾が得られたものについて、コンテンツを統合的に搭載し、安定的・継続的な提供を行うサービスのこと。搭載された電子ジャーナルを横断検索し、抄録までのコンテンツは無料で見ることができる。通称、NII‐REO。
電子図書館 デンシトショカン 電子図書館とは、電子化した資料を保存するシステム。利用者はインターネットを通じて資料を閲覧することができる。

参考文献:図書館用語辞典編集委員会編 『最新図書館用語大辞典』柏書房 2004

四天王寺大学図書館へのお問い合わせはこちら

〒583-8501 大阪府羽曳野市学園前3丁目2-1
TEL:072-956-9958 (ダイヤルイン)

ご利用別案内