図書館用語集

図書館用語集-索引-

図書館用語集 - N−Z -

用語 フリガナ 説明
NACSIS ナクシス NACSISとは、National Center for Science Information Systemsの略称で、国立情報学研究所が提供している総合目録データベース。
関連ワード「国立情報学研究所
NACSIS-CAT ナクシスキャット NACSIS-CATとは、国立情報学研究所の提供する目録・所在情報サービスの略称。国内の大学図書館を中心とする図書、学術雑誌についての総合目録データベースを形成するシステム。
関連ワード「国立情報学研究所
関連ワード「目録
NACSIS-ELS ナクシスエルス NACSIS-ELSとは、国立情報学研究所電子図書館サービスのことで、学協会の発行する学術雑誌を画像データとして蓄積し、 書誌情報とともに検索できる情報サービス。
関連ワード「国立情報学研究所
関連ワード「書誌
NACSIS-ILL ナクシスアイエルエル NACSIS-ILLとは、大学図書館間での文献複写、資料の相互貸借を支援する電子的なメッセージ交換システム。
関連ワード「ILL
NACSIS-Webcat ナクシスウェブキャット NACSIS-Webcatとは、全国の大学図書館等が所蔵する図書・雑誌の総合目録データベースを検索できるシステム。2013年3月8日サービス終了。後継サービスとしてCiNii Booksが開設された。
関連ワード「CiNii Books
NBN エヌビーエヌ NBNとは、National Bibliography Numberの略称で、「全国書誌番号」と訳される。代表的なものでは、国立国会図書館が付与するJP番号が挙げられる。
関連ワード「JP番号
NDC エヌディーシー NDCとは、Nippon Decimal Classificationの略称で、「日本十進分類法」と訳される。日本における標準的な図書分類法で、内容の主題別に0から9までの数字を割り振り、その中でさらに0から9まで分類される。国内で最も多く使用され、IBU図書館の分類もNDCに基づいている。
NDL エヌディーエル NDLとは、National Diet Libraryの略称で、「国立国会図書館」と訳される。国立国会図書館法で定められた国会の図書館。
OPAC オーパック OPACとは、Online Public Access Catalogの略称で、「オンライン閲覧目録」と訳される。コンピュータで資料を検索できるように構成された図書館の所蔵目録データベースのこと。
IBU図書館の資料検索(OPAC)はこちら
Twitter ツイッター 米国のObvious社(現Twitter社)が2006年から提供している、「Tweet(ツイート=つぶやき)」と呼ばれるごく短いコメントでやりとりを行うインターネット上のコミュニケーション・サービスのこと。自分が気に入った他のユーザのツイートを登録して、追跡することもできる。
YouTube ユーチューブ 米国のYouTube社によって2005年に開設され、現在はGoogle社が提供する、無料の動画共有サイトのこと。動画を投稿するには登録が必要となっている。

参考文献:図書館用語辞典編集委員会編 『最新図書館用語大辞典』柏書房 2004

四天王寺大学図書館へのお問い合わせはこちら

〒583-8501 大阪府羽曳野市学園前3丁目2-1
TEL:072-956-9958 (ダイヤルイン)

ご利用別案内