福祉関係の資格一覧

何よりもやっぱり人が好き。だから、
人の気持ちや痛みがわかる人間でありたい。

福祉とは、人どうしが支え合い、ふれ合うこと。
誰かの力になりたい、と思う気持ちと、心から「ありがとう」と
言ってもらえることの喜び。
人と人とのつながりの中で、そんな感動に出会える仕事をしよう。

社会福祉士国家試験受験資格

社会福祉士は、社会福祉系の相談・援助の専門職としての国家資格。ソーシャルワーカーの資格のひとつで、身体上・精神上の障害や環境上の理由により、日常生活の営みに支障がある方に対し、福祉に関する相談・援助を行います。
活躍の場としては、福祉施設の生活相談員や生活指導員、病院の医療ソーシャルワーカー、在宅介護支援センターにおけるソーシャルワーカー、社会福祉協議会の福祉活動専門員、福祉事務所・児童相談所などの行政機関における社会福祉職などがあります。

※社会福祉士の資格を取得するには、受験資格をもった上で国家試験に合格する必要があります。

精神保健福祉士国家試験受験資格

精神保健福祉士は、精神医療と福祉に関する専門的知識・技術を持ち、精神障害者の社会復帰に関する相談・援助を行う精神科ソーシャルワーカーの国家資格。
精神障害者の自立と社会経済活動への参加促進のための相談・援助を行い、その家族が抱える問題についての相談にもあたります。
活躍の場としては、精神科医療機関や精神障害者社会復帰施設、保健所、精神保健福祉センター、精神科デイケア施設などにおける相談援助業務があります。

※精神保健福祉士の資格を取得するには、受験資格をもった上で国家試験に合格する必要があります。

保育士資格

保育士になるために必要な国家資格。
保育園や児童福祉施設で児童を預かり、基本的な生活習慣を身につけられるように指導したり、健康の管理を行います。また、遊びを通した集団活動により、社会適応性を培うという教育も行います。

社会福祉主事任用資格

各種行政機関で福祉職として勤務する(任用される)際に必要な任用資格です。
社会福祉についての基礎的な学習をしたことの指標となる為、福祉系民間企業の採用基準のひとつとされていることも多くあります。
活躍の場としては、福祉事務所などの行政機関におけるケースワーカーや、障害者施設における指導員、高齢者施設における事務員・相談員などがあります。

※任用資格とは、公務員として実際に業務に就いたときに効力が発生する資格です。

介護福祉士資格

介護福祉に関する専門的な知識・技術を持つと認められる国家資格。
介護福祉士は、高齢者や身体上・精神上の障害がある方の食事・入浴・排泄などの介護を行なう専門職で、ケアワーカーとも呼ばれます。
介護業務のほかには、本人やその家族に対し、介護に関する指導・相談なども行います。

福祉関係の資格が取得できる学科