プレスリリース

「関西ベンチャー学会会長賞」を受賞し、起業をめざす本学学生考案のビジネスプラン「しゅみうる」が「まちまるしぇ」に初出店!

11月23日(土)10:00〜15:00に「峰塚公園」(大阪府羽曳野市軽里2丁目)で、南河内エリアの雑貨、衣類、食品、農産物、お菓子、ガーデニングなど様々な高感度個人店舗が集結する、地域ブランド発掘紹介・ワークショップイベント「まちまるしぇ」にて、地域の高齢者の趣味と生きがいを創出する社会起業家をめざす経営学部経営学科の天野 了一准教授のゼミ生、藤田勇士さんのプロジェクト「しゅみうる※」が初出店します。

※経営学科 藤田勇士さんの「しゅみうる」とは

地域のシニアが、フリーマーケットや青空市場といった形式で、趣味や特技を披露し、販売するイベントを開催し、シニア層をターゲットとする企業からスポンサーを募って、マーケティングリサーチやプロモーションの場を提供するビジネスプラン。 シニア層に、趣味を活かしながら生きがいと収入を提供し、スポンサー企業に、新たな事業発展の機会を提供、さまざまな世代間の交流の場として地域を活性化するという企業理念がソーシャルアントレプレナー(社会起業家)として評価され、「関西ベンチャー学会会長賞」を受賞しました。

 また、本学経営学科で展開している授業「地域連携インターンシップ」受講生と地域活性化に関心を持つ学生が、同日開催の世界文化遺産登録記念イベント「古墳DEるるる」や、子ども向けゲーム屋台「はにわとあそぼう!」や、「フェイスペインティング」(ブースNo.38)を出店するともに、運営ボランティアスタッフとして活躍しつつ、まちおこしを体験的に学びます。

爽やかな晩秋の候、皆様のご来訪をお待ちしています!

【詳細はこちら】

【関連リンク】

→経営学科の紹介はコチラ

一覧に戻る