プレスリリース

看護学研究科 博士前期・後期課程開設 特別講演会「看護の現在と未来」高知県立大学 南 裕子 名誉教授が講演

 2020年4月の看護学研究科 博士前期・後期課程開設を記念して、高知県立大学 南 裕子 名誉教授をお迎えし、12月8日(日)13:30から本学 大講堂において特別講演会を開催致します。

 ■テーマ
   看護の現在と未来 
  
看護が置かれている状況について、国内外を含めて明らかにしつつ看護の現在と未来について
     
語っていただきます。看護の課題や方向性に対する理解を深める機会を設けます。

 ■講師プロフィール
       高知県立大学  名誉教授 南 裕子 氏
      
兵庫県立看護大学(現:兵庫県立大学)、近大姫路大学(現:姫路大学)、高知県立大学の学長
       や日本看護協会長、国際看護師協会長を歴任。
       現在は、日本学術会議連携会員。  第43回   フローレンスナイチンゲール記章受賞、タイ王国
       シーナカリン皇太后章受賞など多数。

【詳しくはこちら(PDF)】

【関連リンク】

看護学研究科についてはこちら

一覧に戻る