プレスリリース

四天王寺大学看護学部 現職の看護師を対象としたさらなる学びの場を提供 知識・技能開発プログラム開講

四天王寺大学(大阪府羽曳野市、学長:岩尾 洋)は、2019年4月より看護学部新設に伴い、現職の看護師を対象とした「看護職の基礎ケア能力、組織や医療・介護チームへの介護能力の開発プログラム」を開講しています。

本プログラムは、進行する高齢化社会で重要な役割が期待される看護師へのさらなる学びの場の提供を目的としており、看護職全体、看護管理者、CNS、APN、CNS候補生向けに、国際基督教大学 小谷英文名誉教授 、本学看護学部教授 宇佐美しおりが10~11回の講義を担当しています。

今後、看護職・高度実践看護師(CNS・NPほか)の実践能力・研究能力の向上・育成、研究の推進を目的とした「看護実践開発研究センター」の設置を計画しており、上記プログラムが事業の一部となります。

四天王寺大学では「和」のこころと最先端の教育環境で高度な知識と技術を身につけ、地域の人々を支える看護職育成をめざしています。

【詳しくはこちら】

一覧に戻る