プレスリリース

食べられるグッズ第4弾「ご祈祷最中(もなか)クッキー」四天王寺にて学業成就・合格祈願のご祈祷を実施

 四天王寺大学(大阪府羽曳野市、学長:岩尾 洋)は、本学の「食べられるグッズ」シリーズ第4弾となる「ご祈祷最中(もなか)クッキー」を商品化し、受験生を応援します。

 「ご祈祷最中(もなか)クッキー」は、地元である大阪羽曳野市の和菓子工房「あん庵」が製造した最中(もなか)クッキーに本学学生から募集したデザインパッケージ(イラストは四天王寺聖霊会で使われる大太鼓(だだいこ、「もなか」の文字は梵字を使用)を施し、四天王寺にてご祈祷をする地域の協働プロジェクトです。

 商品化に先立ち、「ご祈祷最中(もなか)クッキー」を四天王寺 元三大師堂(重要文化財)にて学校法人四天王寺学園理事長 瀧籐 尊淳(たきとう そんじゅん)によるご祈祷を執り行い、本学学生を代表して在校生5名とともに学業成就を願います。

 今回、四天王寺の高僧が護摩を焚き学業成就・合格祈願のご祈祷を行う最中(もなか)クッキーは、6月以降のオープンキャンパスで来場者に配布、高校訪問の際にも使用し、受験生の学業成就を願います。

【詳しくはこちら】

一覧に戻る