プレスリリース

2020年4月 大学院 看護学研究科(※仮称・設置認可申請中)を開設予定

四天王寺大学(大阪府羽曳野市、学長:岩尾 洋)は、看護学部を基礎として、2020年4月大学院看護学研究科(※)博士前期課程(修士)(仮称)及び博士後期課程(博士)(仮称)を同時開設いたします。(設置認可申請中)

上記の内容は予定であり、変更する場合があります。

■設置の趣旨
 本学は、社会的要請及び建学の精神に基づいて、2019年4月に看護学部を開設し看護師・保健師・助産師・養護教諭(一種)の養成を目指しています。看護学部においては、学園訓である「和を以て貴しとなす」とする心を基調にして、最先端医療に対応しつつ、地域の看護に貢献できる人材の育成を目的にしていますが、看護を取り巻く状況の急激な変化は、さらなる高度専門職業人の育成を求めています。加えて、看護学教育の高等教育化に伴う看護系大学及び大学院の増加により、看護系教員・研究者の量的・質的確保が全国的な喫緊の課題となっています。
 すなわち、本学における看護学部設置をより発展的に強化し、高度専門職業人を育成するとともに、全国的な課題でもある教育者・研究者の育成を目的に、看護学研究科を設置いたします。

【詳しくはこちら】

一覧に戻る