プレスリリース

和歌山県主催「明治150年シンポジウム」に 社会学科の曽野洋教授がパネリストとして登壇

2018年12月15日(土)、和歌山県が主催する「明治150年シンポジウム」に、社会学科の曽野洋教授がパネリストとして登壇します。

平成30年(2018年)が、明治元年(1868年)から満150年の年に当たることを記念し、幕末期における紀州藩の大改革やその後の明治期における紀州人の活躍など、「明治と和歌山」をテーマにパネルディスカッションを行います。

【詳しくはこちら(PDF)】

一覧に戻る