資料請求

入試Q&A

入学試験に関するQ&A

入試に関して、よくあるご質問をご紹介します。

入試編

学部・学科(専攻・コース)併願制度とはどのような制度ですか。
 推薦入試・一般入試において、1回の入学検定料で、最大2つの学部・学科(専攻・コース)に志願できる制度です。志願した学部・学科(専攻・コース)の両方で判定しますので、どちらも合格する場合があります。ただし、教育学部教育学科を志願する場合は、同一試験日のコース(小学校・幼児保育コース、中学校英語・小学校コース、保健教育コース)間の併願はできません。詳しくは「入試のポイント」の『学部・学科(専攻・コース)併願制度』をご覧ください。
試験日自由選択制とはどのようなものですか。
 試験日自由選択制は、大学の公募制推薦入試前期日程、一般入試前期日程、短期大学部の公募制推薦入試基礎・標準、一般入試で実施しており、各入試において2日間の日程のうちどちらかを選択して受験できる制度です。また、同一入試制度において2日間受験する場合、2日目の入学検定料(大学32,000円、短期大学部27,000円)が免除されます。
短大の入試では、午前・午後で試験科目が違いますが、両方受験することはできますか。
 両方受験することができ、入学検定料も一方の入学検定料が免除されます。
 ただし、両方受験する場合は志願する学科(専攻)が同一でなければなりません。
調査書はどの程度重視されますか。
 推薦入試では、大学・短大とも調査書を点数化し、得点として加算します。計算方法は入試の種類によって異なります。
 なお、一般入試は、大学・短大とも参考程度で、調査書は点数化していません。
推薦入試では、推薦書が必要ですか。
 同窓入試を除くすべての推薦入試で、出身学校長の推薦書(本学所定の用紙)が必要となります。
アンケートによる一斉面接について教えてください。
 アンケートによる一斉面接は、試験会場の各教室で面接試験用紙を配付し一斉に行います。面接では、本学の教育方針についての説明があり、面接試験用紙の設問に回答します。時間は説明を含めて30分程度です。アンケートによる一斉面接について、事前準備の必要はありません。なお、AO入試自由応募型、同窓入試、特別活動推薦入試については、この面接と入学意欲やコミュニケーション能力等を判断する面談を行います。本学の教育方針については「入試のポイント」の『すべての入学試験でアンケートによる一斉面接を実施』を参照してください。
四天王寺大学の偏差値を教えてください。
 受験雑誌や予備校などで発表されている偏差値は、各予備校などによって異なり、必ずしも一定ではありません。また、入試の種類により偏差値だけでははかれない試験もあります。偏差値にとらわれず、過去の入試問題や入試の状況を参考に受験を考えてください。
マークシート方式を取り入れていますか。
 公募制推薦入試、一般入試とも全問マークシート方式です。
 ただし、一般入試後期日程の「国語」「英語」において、一部記述式の問題が出題されます。また、一般入試後期日程では、「小論文」を選択することができます。
受験機会が多いですが、チャンスを活かせば合格率は上がりますか。
 大学・短大とも受験の機会は複数回あります。
 複数回受験すれば配慮されて有利になるわけではありませんが、何回か受験することで、問題の傾向をつかんだり、慣れからくるゆとり等がもたらされる結果、合格率は高くなっています。
試験会場の下見はできますか。
 本学試験会場の下見はできます。ただし、教室内に入ることはできませんので、場所の確認だけになります。
 学外試験会場では、建物内部の下見はできません。所在地の確認にとどめてください。
入学試験当日にスクールバスは利用できますか。
 入学試験当日にスクールバスを利用することはできません。スクールバスは平常授業の開講中に運行しており、本学へ入学後に利用することができます。
大学入試センター試験で指定教科・科目数以上受験した場合の合否の判定はどうなりますか。
 本学のセンター試験利用入試は、本学が指定する教科・科目(必須科目)とそれ以外の指定選択教科・科目(選択科目)を合否判定に使用します。
 選択科目の中で複数の教科・科目を受験した場合、得点の高い科目を合否判定に使用します。
合否判定する場合、科目ごとの基準点はありますか。
 当日の試験には、基準点はありません。公募制推薦入試・一般入試とも、合計点とアンケートによる一斉面接で判定します。
 なお、一般入試センター試験利用入試に関しては、合格標準最低点があり、それに達しない場合は、合格者が出ないことがあります。
試験において、受験上の配慮を希望する場合は、どうすればよいですか?
 受験時に特別な配慮を必要とされる場合は、準備の関係もありますので、出願前のできるだけ早い時期に入試・広報課までご相談ください。
 なお、試験会場に本学を指定する場合があります。
AO入試オープンキャンパス参加型のセミナーに複数回参加できますか?
 7月セミナー(2日間)と8月セミナー(2日間)のあわせて最大4日間のセミナーに参加することができます。7月セミナー(2日間)で1学科(専攻・コース)、8月セミナー(2日間)で1学科(専攻・コース)のエントリーができます〔最大2学科(専攻・コース)〕。
 ただし、2学科(専攻・コース)の出願資格認定者となった場合でも、出願できるのは、1学科(専攻・コース)のみとなります。

出願編

推薦入試の出願基準を教えてください。
 一部の入試を除き、調査書の評定平均値が一定以上でないと出願できないという基準はありません。ただし、特別活動推薦入試は、現役生のみ受験可能です。
 その他の入試は、既卒生も受験できます。
出願は郵送でもインターネット出願でも可能ですか。
AO入試オープンキャンパス参加型以外の入試の出願は、インターネット出願に限られます。
詳しくは入試ガイド2018の『インターネット出願の流れ』をご覧ください。
出願後に学部・学科(専攻・コース)などの変更はできますか。
 出願後は志望学部・学科(専攻・コース)の変更はできません。
また、試験地や試験日、選択科目等も出願後は変更できませんので出願する際は、このことに十分留意してください。

合否編

合否発表はどのように行われますか。
 合否発表日に合否通知書を速達郵便で受験者全員に送付します。郵便事情により2~3日かかる場合があります。なお、電話による問い合わせへの対応や学内掲示は一切行いません。 
 補助的な手段として、インターネット・電話による合否照会を行っています。詳しくは、ホームページに8月下旬公開予定の入学試験要項でご確認ください。
追加合格はありますか。
 大学の一般入試後期日程、短大の一般入試において入学手続き者数が予定数に達しないと予想される場合、大学・短大の学部・学科(専攻・コース)を問わず追加合格者を発表することがあります。ただし、過去に1度も実施していません。
最新の入試結果は、どのように知ることができますか。

手続編

入学を辞退する場合、学費の返還はありますか。
 AO入試・公募制推薦入試(特別活動推薦入試含む)および一般入試において、入学手続き完了後、やむを得ない理由により入学を辞退する場合は、期限までに本学へ入学辞退届を提出した者に限り、入学金を除く入学手続時納付金を返還します。
 ただし、AO入試で専願を選択した場合や同窓入試では、入学辞退を一切認めていません。
 詳細は合格通知時に送付する入学手続き書類でご確認ください。
入学手続きを行った後、後の入学試験で合格した場合、すでに納めた手続き金はどうなりますか。
 すでに納めた納付金を振り替えることができ、入学する学部・学科(専攻・コース)を変更することもできます。所定の期間内に入試・広報課まで届け出てください(期間は合格通知時にお知らせします)。なお、振り替え手続きは、短大から大学、大学から短大、AO入試や推薦入試から一般入試などいずれの場合も可能です。詳しくは入試ガイド2018の「学費振り替え手続きについて」をご覧ください。
 ただし、専願制の入試からの振り替えはできません。

転 科

入学後、学部・学科(専攻・コース)の転学部転学科はできますか。
 1年次または2年次終了時において、転学部転学科を希望する学科の欠員を補充する範囲内で、審査のうえ一定の基準を達している場合、転科を認めます。
 なお、短期大学部の転学科は認めていません。
  • 四天王寺大学から始まる未来への道筋を想像しよう!
  • cocoroe project
  • campus guide 2017