お知らせ

タイ看護大学のBoromarajonani College of Nursingが悲田院を研修視察

9月9日(月)、タイ看護大学であるBoromarajonani College of Nursingから31名の研修生が四天王寺悲田院養護老人ホーム、特別養護老人ホームを訪問し、研修視察を行いました。

今回の研修視察は、地域看護、高齢者看護について、日本の看護、介護、福祉の現場から直接学ぶことを目的としたもので、本学岩尾洋学長への依頼により、看護学部山本学部長、亀井准教授の協力のもと、訪問が実現しました。

はじめに、悲田院の職員の方から施設の概要が説明され、その後、3つのグループに分かれて、養護老人ホーム、特別養護老人ホーム、保育園を順に視察し、研修生からは多くの質問が投げかけられていました。

最後は、悲田院の施設の前で記念撮影を行い、1時間半にわたる研修視察が終了しました。

研修視察のために訪問を受け入れ、ご案内等のお世話をいただきました悲田院職員の皆様に厚くお礼申し上げます。

【関連リンク】

看護学部の紹介はコチラ

一覧に戻る