お知らせ

看護棟竣工式が執り行われました。

 四天王寺大学(大阪府羽曳野市、学長:岩尾 洋)は、2019年4月に新設となる看護学部の新校舎となる看護棟(9号館)の竣工式を2019年2月13日(水)に執り行いました。

 2019年4月の看護学部開設に向け、看護のサイエンスとアートを学ぶ新たな看護教育の拠点として看護棟(9号館)が竣工しました。延床面積約4,100㎡、地上3階となる新校舎には、シミュレーションセンターを始めとした最新の学修環境が整い、これからの時代の新しい看護を創造するにふさわしい学びの場となっています。1階にあるコミュニケーションラウンジや3階のコンビネーションスペースは、学生がグループ学習や交流を深めるなど、コミュニケーション促進の場となることを目指しています。さらに1階には看護学部専用の実習・就職進路指導室を備え、専門のスタッフが常駐するなど、充実したサポート体制を整えています。

建物概要

9号館(看護棟)の外観

建物名称:看護棟(9号館)
工期:着工2018年4月、竣工式2019年2月13日
建築面積:1,535.21㎡
延床面積:4,100.96㎡ (地下階133.61㎡含)
規模:地上3階、地下1階(機械室)、高さ: 16.5m
設計・監理: 株式会社服部建築事務所
施工者: 村本建設株式会社

 

東側外壁の「金剛界曼荼羅」(光と色の宇宙観)陶板画のご説明)

 看護棟の東側の外壁には、「金剛界曼荼羅(光と色の宇宙観)」陶板画を取り付けました。
この陶板画は、現代美術作家 森本紀久子(現四天王寺大学名誉教授)作の抽象金剛界曼荼羅を陶板で製作し、1984年に四天王寺羽曳丘中学校高等学校の外壁に設置されたものを、本学の看護棟の新設に伴い、当時の姿のまま移設いたしました。

 この度、陶板の製作を担当された大塚オーミ陶業株式会社様のご協力を得て、移設されたこの陶板作品は、その高度な着色・焼付け技術により色褪せることなく、1984年の施工当時から今に至るまで34年間の歴史を繋ぎ、引き継ぐ証として、2018年以降も本学看護棟新校舎の東外壁でも輝き続けることが出来ます。
 そして、過去から現在へ、そして未来へと学び舎の象徴として、大切なものを継承し、本学の建学の精神である「和の精神」の育成を支えていただいています。 

竣工式の様子

【関連リンク】

看護学部の施設・設備はコチラ

看護学部の紹介はコチラ

一覧に戻る