お知らせ

11/8(木)「奈良県高等学校進路指導協議会県外研修」を本学にて実施しました。

2018年11月8日(木)、奈良県高等学校の進路指導ご担当の先生方23名に、本学にお越しいただき、「奈良県高等学校進路指導協議会県外研修」を実施しました。

まずは本学の岩尾 洋学長より、ご来学いただいた御礼と本学がめざす姿など、ご挨拶させていただきました。

県外研修会では、先月に平成31年度奈良県教員採用試験に現役合格しました奈良県高等学校出身者の在学生2名によるスピーチを行いました。

奈良県立郡山高等学校出身の学生は、子どもの頃から教員になることをめざし、高校3年生のクラブ活動引退後は国立大学を第1志望で勉強に励んでいましたが、残念ながら不合格。

浪人生して教師になることを1年遅らせるよりも、教師として早く現場に立ちたいという夢を叶えるべく本学に入学を決意。友人から進学先を聞かれても誤魔化すこともあり、入学するまでモチベーションがあがりませんでした。

入学後は、周りが教師をめざす共通の夢をもった学生ばかりで、1年次から実習先として学校に行く機会も多く、徐々に気持ちも前向きになりました。

2年次の実習で訪問した学校では学級崩壊の現状を目の当たりにし、一度は教師になる夢をあきらめようと、教職教育推進センターへ行き、これまでに自分が体験したこと、葛藤など赤裸々にお話しました。

その時の先生の言葉で、「教師の仕事を10とすると、あなたが見てきたことが8かもしれない。でも残りの2に楽しみや嬉しさ、やりがいが無いと、この世から教師が居なくなってしまうよ。」という言葉に救われ、共に教師をめざす友人と面接練習など切磋琢磨し、奈良県教員採用試験に現役合格しました。

今では、胸を張って四天王寺大学に進学したことを言えるようになり、早期からたくさんの実習に行くことでたくさん悩み、たくさん回り道もしましたが、教師になる夢を叶えることができ、嬉しく思っています。

奈良県立高田商業高等学校出身の学生は、商業高校だからこその弱み・強みを理解した上で、教師をめざすことができたと話した。

高校生3年間のうち2年間が同じ担任の先生で、日々、楽しそうに教師という仕事をされている姿に触れ、自分も笑顔で楽しく仕事ができるようになりたいという想いが、教師をめざすキッカケとなりました。

ですが、教師になりたいという夢はあったが、商業高校のため普通科のカリキュラムではなく、周りの友人は5教科の学びを行ったうえでの入学なので、不安はありました。
入学後に学内で実施している5教科のプレテストでは、A~Dの4段階評価で一番下のD判定
それがキッカケとなり、周りとの差を埋めるべく毎日コツコツと勉強することに加え、さらに自ら勉強のルールを課し、最終的には5科目とも得点率50%になりました。
しかし、これでも良い判定という訳ではありませんし、自分より高い判定で一次試験で落ちてしまった友人もいました。

そんな私が教員採用試験に合格できた点を振り返ると、「面接」が苦手という友人が多い中、高田商業高校で取り組んでいた「面接練習」の経験を通して、面接には自信があったことだと思います。
そして、さらに面接に自信をつけるべく、学内外での繋がりを持つ方々に次に挙げるご支援をいただきました。

  • 学内で奈良県の教員採用試験をめざす仲間と週3回の面接練習
  • それに加え、母校である高田商業高校の先生にも「面接練習」をご依頼
  • 1年間ボランティアとして通っていた小学校の校長先生・実習担当の先生にも「面接練習」をご依頼
  • 教職教育推進センターの先生方の面接練習・アドバイス

5教科の勉強に加え、この面接練習にも力を入れることが、奈良県教員採用試験に現役合格できた秘訣だと感じています。

大学生活の中で大切にしてきたことは「行動すること」。迷ったときも「行動する」という選択を取ってきました。 ”入学する大学ではなく、入学してからどれだけ行動するか”が大事なんだと、この4年間で一番感じました。

学生のスピーチの後、2019年度から4コースに改編する教育学部、新たに誕生する看護学部の特長を本学教員よりご紹介。

その後は、本学学生をガイドに4グループに分かれてキャンパスツアーを開催。
普段、見ることができない建設中の「看護学部棟」にも、ヘルメット着用でご内覧いただきました。

看護学部棟には入れませんが、キャンパスツアーはオープンキャンパスにて実施しています。
最後にはキャンパスツアーをガイドしていただいた本学学生も交えての記念撮影。

たくさんの奈良県高等学校進路指導の先生方、本学までご足労いただき誠に有難うございました。
スタッフ、学生一同、またのご来学をお待ちしております。

【関連リンク】

教育学部の詳細はコチラ

看護学部の詳細はコチラ

高大連携協定校はコチラ

一覧に戻る