留学に関するQ&A

留学に関する質問

Q

留学したいのですが、どこに行けますか?

A

IBUは、アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、中国、台湾などに
学術交流提携校があります。
提携校の中から、自分の留学目的に応じて学校を選ぶことができます。
もちろん、提携校以外へ留学をすることも可能です。

Q

英語力はどれくらい必要ですか?

A

学術提携校へ語学留学する場合は、特に英語力の基準はありません(一部例外もあります)。
しかし、大学で開講されている正規の科目を履修するためには、定められた英語力が必要です。
詳しくは、各大学のHPをチェックして下さい。

Q

英語力が足りないのと思うのですが、留学できますか?

A

留学先大学の英語力の基準を満たしていなくとも、留学をすることは可能です。
この場合、大学の付属機関(ESLなど)で英語を学ぶことができます。
詳しくは、各大学のHPをチェックして下さい。

Q

奨学金制度はありますか?

A

IBU独自の海外留学奨学金および海外語学研修奨学金を利用することができます。
奨学金の募集に関しては、学内HPや掲示板で案内しています。
詳しくは、「奨学金制度」のページをご覧下さい。
奨学金制度

Q

在学中にどれくらいの期間、留学することができますか?

A

IBUでは、1年間までの留学は在学期間に算入することができます。1年間を超える留学は、休学扱いになります。
費用や履修計画から、半年〜1年以内の留学をする学生が大半です。

Q

在学中のどの時期に留学するのが、適当ですか?

A

大学生活になじみ、4年間の履修計画を効果的に進める観点から、1・2セメスターでの留学、
就職活動が開始される6セメスターや卒業を控える8セメスターの留学は、最適な時期ではないと思います。
3〜5セメスターの間で留学を計画されることをお勧めします。
詳しくは、「留学スケジュール」をご覧下さい。
留学スケジュール

Q

留学は、いつごろ準備を始めればいいですか?

A

留学を開始する約1年前から行先、学校、留学期間を決め、半年前から、留学先の教育機関に願書を送付し、
ビザ申請の手続きを開始します。同時に、学内では、履修計画の確認や英語力、
留学願の提出などを進めておくことも大切です。

Q

お金はどれくらい必要ですか?

A

日本の大学の授業料が各大学によって違うように、海外の大学の授業料も各大学によって差があります。
同じ国においても、授業料に差があり、生活のスタイルにより留学費用も変わってきます。
費用の算出にあたっては、各大学のHPを参考にして下さい。
留学費用の試算は、「留学にかかる経費」を参考にして下さい。
留学にかかる経費