重要なお知らせ

新型コロナウイルス感染者の発生について

 令和2年7月12日(日)午後、本学職員が新型コロナウイルスに感染していることが判明いたしました。感染が判明した職員は7月9日(木)より出勤しておらず、以前より検温、マスクの着用、手指のアルコール消毒等を徹底しておりました。本学では、当該職員の所属部署を閉鎖しております。 

 今後の対応につきましては、所轄保健所の指導により、当該職員の所属部署の消毒、感染者との濃厚接触者とされた1名を自宅待機とします。大学の運営については、通常どおり実施することといたします。

 なお、オープンキャンパスについては、以下のとおり実施いたしましたが、所轄保健所からは感染拡大の恐れはないとの判断をいただいております。

7月11・12日開催のオープンキャンパスについて
 7月11・12日に四天王寺大学で開催したオープンキャンパスについては、3密を避けるため完全予約制として人数を限定し、以下の新型コロナウイルス感染予防対策を徹底して実施いたしました。

① フェイスガード、マスクの着用の徹底
② 検温、手指のアルコール消毒、手洗いの徹底
③ 使用教室および設備の十分な換気、座席間の距離の確保、使用前後の消毒
④ 大声での会話の禁止

 また、当日は感染者の勤務する部署の教職員は自宅待機とし、オープンキャンパスには関わっておりません。

以上

一覧に戻る