重要なお知らせ

新型コロナウィルス感染症について

令和2年2月10日

学生・保護者のみなさまへ

 

新型コロナウィルス感染症について

 

学生支援センター長
伊達 由実

 

2月1日、今回の新型コロナウィルス感染症に関して、感染症法に基づく「指定感染症」と検疫法の「検疫感染症」に指定する政令が施行されました。
これにより、学校保健安全法施行規則(昭和33年文部省令18号)で定められた第一種感染症に該当することになり、学生が罹患した場合は公認欠席の対応をいたします。  
また、厚生労働省から発表されていますように(2/6新型コロナウィルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応についてhttps://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_09360.html)、新型コロナウィルス感染症は、我が国において、現在、流行が認められている状況ではありません。皆様におかれては、風邪や季節性インフルエンザ対策と同様にお一人お一人の咳エチケットや手洗いなどの実施がとても重要です。感染症対策に努めていただくようお願いいたします。
なお、IBU.netでも新型コロナウィルス感染症の対応等について適宜お知らせしていきます。新学期に向けて、学生はIBU.netを確認するようにしてください。

 

 

公認欠席の手続き方法について
医療機関で治療後、
①病名
②出席停止期間(開始~終了日が記載されてること)
上記を証明する医療機関の診断書、または治癒証明書(公式HP「キャンパスライフ・相談窓口」の「保健センター」からダウンロードできます)を保健センターまたは学生支援センターへ提出する。(2019学生便覧P37ページより抜粋)
*公認欠席の対象については、学生便覧等を参照してください。

 

以上

一覧に戻る