教育研究上の目的・3つのポリシー等

短期大学部 生活ナビゲーション学科 ライフケア専攻


卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

生活ナビゲーション学科ライフケア専攻は、質の高い介護福祉サービスを提供できる介護福祉士の養成を基本とし、実社会で求められる社会人基礎力を育みます。あわせて、その目的達成に向けて何事にも主体的に取り組むことができる人材の養成を目的とします。
このために、卒業時点において学生が身につける能力・資質として以下の4点を定めます。

  1. (1)建学の精神に根ざした人格形成
    建学の精神である聖徳太子の仏教精神を理解し、和の心を尊重し人との関わりをとおして自らの人格形成を目指す。
  2. (2)総合的な知識や技能の習得
    介護を必要とする対象を理解し、介護ニーズや介護に関連する制度・サービスにグローバルな視野をもって対応できる専門的知識・技術を習得する。
  3. (3)高い専門性の獲得
    高い倫理性を持って、介護過程に基づく尊厳を支える個別ケアの実践的能力を体得する。
  4. (4)問題解決能力の習得
    社会全体のできごとに関心をもち、対象者の生活をトータルに考えられる姿勢を身につける。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

教育課程の編成、教育内容

生活ナビゲーション学科ライフケア専攻における教育課程編成・実施の基本的な考え方として、介護福祉士資格の取得を基本として編成しています。さらに、介護の本質を理解し、対象の身体的、精神心理的、社会的側面から総合的にアプローチできる専門的実践力及び社会人力の修得を目指しています。これを達成するために、次の4領域と、人間性豊かな介護福祉士を育成するための本専攻独自の「ライフケア演習」の専門科目を編成しています。

  1. (1)「人間と社会」の領域では、「ケアの本質」、「社会福祉援助技術総論」、「現代社会と福祉Ⅰ・Ⅱ」の専門科目と、「仏教概説」、「現代社会と人権」の基礎教育科目、「情報処理演習Ⅰ・Ⅱ」、「レクリエーション論」の共通教育科目を開講しています。ここでは、人間の尊厳と自立、人間関係の形成、コミュニケーションの基礎を学び、人間についての理解を深めます。また、生活と福祉、社会保障制度、介護保険制度、障害者総合支援制度等を学ぶことで社会についての理解を図ります。
  2. (2)「介護」の領域では、「介護福祉論」・「介護福祉各論Ⅰ・Ⅱ」、「高齢者に対する支援と専門職」、「高齢者に対する支援と介護保険制度」の科目から介護の基本を理解します。また、「コミュニケーション演習Ⅰ・Ⅱ」の科目においてコミュニケーション技術を習得します。そして、「日常生活援助技術Ⅰ・Ⅱ」、「衣生活援助」・「食生活援助」・「住生活援助」、「アクティビティケア」、「ターミナルケア」の科目によって生活支援技術を習得します。さらに、「介護過程総論」、「介護過程各論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ」の科目において介護過程の展開を習得します。最後に、「介護実習指導Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ」、「事例研究」の科目と学外での介護実習において体験に基づく学習に取り組むことにより、介護を総合的に理解しかつ実践力を習得します。
  3. (3)「こころとからだ」の領域においては、「医学概論(老年)」、「高齢者の日常生活」の科目から人間の成長と発達の基礎について理解します。また、「医学概論(認知症)」、「認知症の介護と支援」の科目から認知症について理解します。さらに、「医学概論(障害)」、「障害者の日常生活」の科目から障がいについて理解します。最後に、「身体の構造と機能の理解」、「こころとからだのしくみⅠ・Ⅱ・Ⅲ」の科目から、介護を必要とする対象のこころとからだのしくみについて理解します。
  4. (4)「医療的ケア」の領域においては、医療的ケアを必要とする対象の身体的、精神心理的、社会的側面の理解を基に、喀痰吸引・経管栄養の基本的な手技を習得します。
  5. (5)「ライフケア演習」においては、上記4領域を超えて総合的に幅広く介護実践の専門分野を理解し深めていきます。

教育方法

ICTの活用により学習への関心を高め、アクティブ・ラーニングを取り入れた介護福祉教育を実践します。

  1. (1)福祉制度、サービス等理論的な内容は「講義」形式で学習し、「演習・学内実習」では、グループワーク、ロールプレイ等の演習による学習や、実習室で実際に利用者・介護者体験を通して日常生活援助の方法を習得します。また、調理実習を通して調理技術を学びます。
  2. (2)「交流による学習」では、認知症高齢者、障がい者等の当事者、施設長、施設職員(卒業生)からの講演や関わりを通して、対象及び介護者としての役割を理解するとともに、自ら理想とする介護者像を描きます。
  3. (3)「学外実習」「課外学習」では、自ら目標を設定した学習計画を基に、福祉施設での実習を通して介護を学びます。また、学んだ内容についてまとめ、発表し、ディスカッションをすることにより学習を深めます。福祉機器の展示会の見学、参加によって、福祉全般、福祉用具の動向を学びます。

学修成果の評価方法

  1. (1)筆記試験による評価
    理論学習における知識の理解度について評価します。
  2. (2)レポート課題による評価
    体験・交流・講演・見学などにおいて、自らが立案、設定した課題に即してレポートがまとめられているか、キーワードをおさえられているか、適切な専門用語を使用しているかという視点から評価します。
  3. (3)実技・作品による評価
    各手技のチェックリストに基づき、技術の習得レベルを評価します。また、課題に対しての作品の完成度を評価します。
  4. (4)学外実習による評価
    指定された評価票に基づき、学生自身の自己評価、施設の実習指導担当者、実習指導教員による他者評価を基に総合的に評価します。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

生活ナビゲーション学科ライフケア専攻は、「卒業認定・学位授与の方針」(ディプロマ・ポリシー)、「教育課程編成・実施の方針」(カリキュラム・ポリシー)に定める教育を受けるための条件として、具体的には次のような能力・資質、目的意識をもった人物を求めます。

  1. (1)社会の出来事に興味を持ち、人と関わることが好きな人物
  2. (2)高等学校等までの国語(読む・書く・聞く・理解する)を中心とした基礎学力を有している人物
  3. (3)食べる、睡眠をとるというような基本的な生活習慣の大切さを自覚し、自己の健康管理に関心をもっている人物
  4. (4)ボランティア・部活動や学校行事に仲間と共に頑張ってきた人物
  5. (5)自ら進んで挨拶し、人の話に耳を傾けコミュニケーションを取ろうとする人物