教育研究上の目的・3つのポリシー等

教育学部 教育学科


卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

教育学科は、建学の精神である利他を主体的に実践できる高潔な人格と、豊かな専門知識および実践力、指導力をもつ優れた教員・保育士を養成することを目的としています。
このために、以下の3点を卒業時において学生が身につけるべき能力と定めます。

  1. (1)教員、保育士としてふさわしい資質
    教育や保育に関する諸問題、多様な社会事象に興味と関心を持ち、意欲的に課題の追及や解決に努力しようとしている。そして、教員・保育士としての使命感や責任感、ならびに「本学の建学の精神」や仏教思想に基づく「利他の心」・「思いやる心」を持って、他者と協働しながら良好な人間関係を築こうとしている。
  2. (2)教員、保育士としての幅広い教養と専門的・実践的な知識
    子ども・人間・社会・教育に関する基礎的で幅広い知識と豊かな教養に加え、教員・保育士に必要な専門的・実践的知識を身につけている。
  3. (3)思考・判断・表現する力
    教育や保育に関わるさまざまな事象や今日的な課題について、問題解決のための論理的で批判的な思考力と判断力を身につけている。そして、修得した知識や思考力、判断した過程や結果を適切に表現し、ICT機器などの活用を図りながら他者に伝え、情報を発信できる能力を身につけている。また、乳幼児・児童・生徒の発達段階や特性、環境や場面に応じた適切な教育・保育活動を行なうために必要な技能を身につけている。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

教育課程の編成、教育内容

教育学科における教育課程編成・実施の基本的な考え方として、必須科目では、教育の基本を学び、学生個々の教育観・保育観を形成します。そして専門教育科目は、各コースで取得可能な免許および資格を有するにふさわしい教員・保育士となるための専門的知識の修得及び教育方法の理論と実践が学べるように編成されています。

  1. (1)1年次に履修する「基礎教育科目」は、本学の建学の精神の根幹である仏教精神を体得するための「仏教Ⅰ・Ⅱ」を核として、仏教や聖徳太子の教えを学ぶ「仏教概説」や人権意識を高めるための「現代社会と人権」など、すぐれた人格の形成を図るべく人間教育を主眼とした科目で構成されています。
  2. (2)「共通教育科目」は、大学での学修のための基礎的知識や技術、専攻以外の領域を学ぶため、教養教育の範疇に包含される科目が配当されています。人文科学、社会科学及び自然科学分野に対する知的好奇心を高め幅広い知識を獲得することで、現代社会に対応しうる総合的な知の基盤形成を図ります。グローバル化する社会に対応可能な表現力を高めるための英語、第二外国語、情報関連科目とともに、大学卒業後の進路を見据えたキャリア教育科目も配当しています。
  3. (3)「専門教育科目」は、「学科共通科目」と3つのコース別の科目に大別され、主に3、4年次で履修しますが、いずれの科目も教員・保育士にふさわしい専門知識と教育方法の理論と実践を学ぶことを目的としています。
  4. (4)「学科共通科目」には「教育人間学」「教育原論」「教育心理学」「教育課程総論」「教育の方法と技術」などが含まれ、教員・保育士に必須である教育学の基礎理論や実践論等のいわゆる教職教養を学びます。各コースの科目には、取得できる免許・資格に応じた教育方法や技術を修得するとともに教育者として独り立ちできるよう自学自習能力を培う科目が配当されています。各教科の基礎的な知識の修得後、「教科教育法Ⅰ~Ⅱ」や「保育内容の理論と方法」では教材研究や授業・保育実践方法を学び、「教育実習」「保育実習Ⅰ~Ⅲ」で実際に教育・保育現場を体験し実践力を磨きます。また、「教科専門演習Ⅰ~Ⅳ」(ゼミ)では、大学での学びと実習経験をふまえて学生自身が教育に関わる諸問題について研究テーマを設定し卒業研究に取り組むことで自主的に研究する能力を高めます。4年次の「教職実践演習」では、4年間の総仕上げとして各自の弱点克服に務め、即戦力のある教員として現場にたてるよう実践力を高めます。

教育方法

  1. (1)講義及び演習では、講話のみならずグループワーク等を取り入れ、課題追求に向けたディスカッション、グループ発表を行うなど、教育効果を高めるための双方向的授業を展開します。
  2. (2)情報化の進展に対応するため、アクティブ・ラーニング教室、ICT模擬授業教室、電子黒板、タブレット、インターネットや視聴覚機器等の活用を図ったり、実践力の育成に向け模擬授業(ビデオによる収録も実施)を行ったりして授業技術と指導力、学習方法の改善に努めます。
  3. (3)最新の教育情報の把握、幼稚園・小学校・中学校・保育所での教員・保育士の役割を理解するために、本学のOB・OGの現役教員・保育士を招聘し、講習会やセミナーを実施します。
  4. (4)3学年次の教育実習に加え、1、2年次に学校インターシップや地域ボランティア活動への参加を推進し、幼稚園・小学校・中学校・保育所での教員・保育士での教育活動に積極的に参加します。

学修成果の評価方法

  1. (1)定期試験、小テスト、課題レポート等の提出、授業への参加態度や意欲、学生による授業評価、出欠の状況等により、授業目標への到達度を総合的に評価します。
  2. (2)評価観点とレベルを示したルーブリックの活用を図ると共に、自己評価と他者評価も参考にしながら学修状況を客観的に把握します。
  3. (3)履修カルテの定期的点検、講義・教育実習(幼・小・中)・保育実習・介護等体験等の課題活動を通して、教員・保育士として必要な資質・能力や適性を評価します。
  4. (4)ゼミをはじめとする各種演習での少人数指導を通じて、学習や課題追求の過程をパフォーマンス評価します。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

教育学科は、「卒業認定・学位授与の方針」(ディプロマ・ポリシー)、「教育課程編成・実施の方針」(カリキュラム・ポリシー)に定める教育を受けるための条件として、具体的には次のような能力・資質、目的意識をもった人物を求めます。

  1. (1)大学での学びの基礎となる学力と思考力を有する人物
  2. (2)旺盛な知的関心ならびに学習意欲を持っている人物
  3. (3)他者を理解しようとするためのコミュニケーション力や共感力の必要性を自覚している人物
  4. (4)教員・保育士として持つべき資質を十分に理解し、自らの資質を高める意識を有する人物
  5. (5)教員・保育士に要求される高度な専門的知識や技能を修得するために真摯に努力できる人物
  6. (6)建学の精神を十分に理解し、利他の心を自ら育て実践できる人物